編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

日本ユニシス、多摩信用金庫からリスク管理システムを受注

ZDNet Japan Staff

2010-06-28 13:54

 日本ユニシスと同社の子会社であるエイファスは6月28日、多摩信用金庫からリスク管理システムを受注したと発表した。

 多摩信用金庫は、都内大手信用金庫として預金量が2兆円を超えるという。同信用金庫では、従来より日本ユニシスのバンキングリスク管理(ALM)システムおよび店別収益管理システムを活用した、リスク管理、収益管理を進めており、今後の課題として全資産、負債の管理システム一元化や、市場部門の運用資金拡大に備えた市場リスク、収益管理の更なる高度化を図るための次期リスク、収益管理システムを検討してきた。

 同信用金庫が採用を決定したシステムは、日本ユニシスの「ValueStage-NE/LC(ラダー・キャッシュフロー生成)」「ValueStage-NE/PM(収益管理)」と、エイファスの「Skipper(市場取引・リスク管理)」「SkipperBanking(バンキングリスク管理)」によって構成される。日本ユニシスでは、採用の理由として、SkipperシリーズとValueStageシリーズの組み合わせによる統一的なリスク管理が可能な点、高度な市場リスク管理が可能な点、市場取引および管理システムの集約による業務運用の効率化、オペレーションリスクの低減が図れる点、時価会計対応、将来の国際会計基準(IFRS)への対応準備が行える点などを挙げている。

 日本ユニシスおよびエイファスでは、他大手信用金庫でも同様のニーズがあるものと考え、今後さらなる受注拡大を目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]