日本ラッドとNSW、運輸業界向けソリューション分野で業務提携 ~両社のソリューション活用により車両運行の安全面と効率面を強化~

日本システムウエア株式会社 2016年10月26日

From DreamNews

NSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)と日本ラッド株式会社(JASDAQ上場、本社:東京都港区、代表取締役社長 須澤 通雅、以下日本ラッド)は、運輸業界向けソリューション分野で業務提携し、運行計画管理から安全運行管理までが実現できる総合的な運行管理システムを本日より提供開始いたします。

昨今運輸業界では安全面に対する注目度が上がり、事故率や法令遵守が経営リスクと直結してきております。国土交通省が運行安全性担保に対し義務化する動きも活発化する中、事業者にとっても安全運行はトッププライオリティーの経営課題となっております。

この課題を解決するため、NSWの車両動態管理/運行管理/配送管理等を行う車両運行業務支援ナビソリューション「GUIDE LINER」と日本ラッドのクラウド型IT点呼システム「Smart Vehicle Cloud IT点呼」とをクラウド間で連携することにより、運行前の配車計画や安全確認から運行後の運行結果チェックまでを統合的に管理できるソリューションを共同で構築いたしました。

本ソリューションは、1台あたり月額980円からの提供となり、両社の共同販売によって初年度1,000台の販売を目指します。

■関連リンク
・業務支援ナビソリューション「GUIDE LINER」
( (リンク ») )
・Smart Vehicle Cloud IT点呼
( (リンク ») )

■日本ラッド株式会社について
創業45周年を迎える、ソフトウェアの受託開発、システムインテグレーションを主業務とする1999年に公開したJASDAQ上場企業です。革新的なコア技術によるソリューション提供、フルターンキーのシステム構築・運用サービスを展開しています。近年は、ビッグデータ、クラウド、IoT、AI、ロジスティックス、医療、動画ネット配信等のソリューション開発に取り組んでいます。詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

■NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年に創業。各業種対応のシステム開発、大規模システム運営、データセンターでのアウトソーシングなどをワンストップで提供します。また、オートモーティブや通信分野などの組込みシステム開発を行うほか、LSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かし、IoTクラウドプラットフォーム「Toami」を中心とした、IoT/ M2M分野の各ソリューションやサービス提供に注力し、IoTインテグレータNo.1を目指します。詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

■サービス内容に関するお問い合わせ先
日本ラッド株式会社
IoTソリューション事業部
営業部 担当:斎藤・宮原
TEL:03-5574-7806
E-mail:iot-sales@nippon-rad.co.jp

NSW(日本システムウエア株式会社)
プロダクトソリューション事業本部
営業統括部 第一営業部:天野、佐藤
TEL:03-4335-2610
E-mail:ML-AutomotiveSD@gw.nsw.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
日本ラッド株式会社
IoTソリューション事業部
営業部 担当:斎藤・宮原
TEL:03-5574-7806
E-mail:iot-sales@nippon-rad.co.jp

NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室広報担当:染葉(ソメハ)、清水
TEL:03-3770-4014
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp





関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]