放送局や製造業等で導入実績多数のIP-KVMエクステンダーに4K対応製品が登場

~従来製品の使いやすさに加え、光ファイバー対応でさらに安定した操作感を実現~

ATENジャパン株式会社 2017年10月02日

KVMスイッチ、映像関連周辺機器、PDU/エネルギー管理機器のリーディングプロバイダーであるATEN(エイテン)ジャパン株式会社(本社:東京都荒川区、以下ATEN)は、PCのコンソール(USBキーボード/マウス・DVIモニター)をイーサネットおよび光ファイバー経由で延長設置できる4K解像度・HDMI対応IP-KVMエクステンダーKE8950およびKE8952を10月2日に発売します。KE8952は、LANケーブルを介して電源をとることができるPoEにも対応しています。本製品は、延長距離の制限がなく、リモート側の画質と操作レスポンスが延長距離による影響を受けないことが特長で、切替速度の向上や詳細なスケジューリング機能等、更に操作性が良くなりました。 「KEマトリックスマネジャー」ソフトウェアを使用した簡単設定・操作や、フレキシブルな機器構成が可能。さらに8×8ビデオウォール表示や、バーチャルメディアにも対応しています。放送局やポスプロ、工場、コントロールルーム、データセンター等の幅広い分野において最適な製品です。

製品の主な特長とメリット

1.USBコンソールをイーサネット/光ファイバー経由で延長できるHDMI対応IP-KVMエクステンダー
本製品は、トランスミッター(KE8950T/KE8952T)とレシーバー(KE8950R/KE8950R)から構成され、各ユニットは個々のIPアドレスを使って通信を行います。イーサネットまたは光ファイバー経由でのアクセスが可能な環境であれば、延長距離の制限はありませんので、距離を意識することなくコンソールを設置することができます。


2.トランスミッターとレシーバーは1対1、1対多、多対1、多対多で通信可能
トランスミッターとレシーバーは用途に応じて組み合わせて、延長や分配ができるのが特長です。1対1はエクステンダーとして、1対多は分配器(スプリッター)、多対1はスイッチャー、多対多はマトリックススイッチャーとして使用できます。機器間の通信には、AES-256bit暗号化を使用するので、セキュリティの面でも安心です。


3.高画質ビデオストリーミング対応
解像度は最大4K(3,840×2,160@30Hz, 4:4:4)、24ビット色深度対応。ATENの高度なグラフィックプロセッサー搭載で、延長距離に関わらず、リモート側でもクリアでシャープな画像をお楽しみいただけます。


4.KEマトリックスマネジャーソフトウェアによるわかりやすい設定・操作方法
直感的にわかる操作画面から、スムーズに設定や操作が行えます。さらに、最大8×8ビデオウォール表示や詳細なスケジューリング機能、および詳細なユーザー権限設定の他に、画面切替速度も向上し、作業の効率化をより一層推し進めることができます。

製品型番 製品名 標準価格(税抜)
KE8950 HDMIシングルディスプレイIP-KVMエクステンダー(4K対応) 353,000円
KE8950T HDMIシングルディスプレイIP-KVMトランスミッター(4K対応) 177,000円
KE8950R HDMIシングルディスプレイIP-KVMレシーバー(4K対応) 177,000円
KE8952 HDMIシングルディスプレイIP-KVMエクステンダー(4K、PoE対応) 383,000円
KE8952T HDMIシングルディスプレイIP-KVMトランスミッター(4K、PoE対応) 192,000円
KE8952R HDMIシングルディスプレイIP-KVMレシーバー(4K、PoE対応) 192,000円

出荷開始日:2017年10月2日

このプレスリリースの付帯情報

KE8952R(上)、KE8952T(下)

用語解説

ATENとは
ATENはコネクティビティおよび管理ソリューションのプロフェッショナルとして、ワールドワイドにビジネスを展開している企業です。1979年に台湾で設立されて以来、北米、欧州、アジア各国に拠点を増やし、KVMスイッチ市場では世界的なリーディングカンパニーとしても知られています。
SOHO/SMB向けKVMソリューションである「ATEN」やエンタープライズ向けサーバー管理ソリューションである「ALTUSEN」シリーズ、また、これらの製品開発で培ってきた技術や経験を生かして、近年ではプロフェッショナル向けA/Vソリューション「VanCryst」シリーズやグリーンエネルギーソリューション「NRGence」も展開し、多様化する市場のニーズに応えます。ATENジャパン株式会社は、ATENの日本法人として2004年に設立され、日本におけるATEN製品の広告宣伝、販売、アフターサポートを担当しています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ATENジャパン株式会社の関連情報

ATENジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。