カ沢が4つの伝統の故郷として市のブランド化に専念

The CPC Heze Municipal Committee 2017年12月05日

From 共同通信PRワイヤー

カ沢が4つの伝統の故郷として市のブランド化に専念

AsiaNet 71378 (1965)

カ沢が4つの伝統の故郷として市のブランド化に専念

【カ沢(中国)2017年12月4日新華社=共同通信JBN】山東省、中国共産党カ沢市委員会はこのほど、カ沢市が中国の牡丹の都としての強みを足掛かりに都市を建設し、牡丹の製品の質を宣伝し、カ沢原産の牡丹製品は唯一無二で卓越しているという広く知られた理解をさらに広げるべきだと決定した。最終的な目的は、産業をカ沢の象徴である牡丹に関連させて創ることだ。

「曹州は中国一の牡丹を生み出す」という詩で知られるように、カ沢には曹州という古称がある。カ沢では48万6000畝(3万2400ヘクタール)の牡丹が栽培されており、これは中国で栽培される牡丹全体の約60%である。

カ沢は京劇(Chinese Operas)の美術館兼展示会として知られる。中国美術家協会(Chinese Artists Association)および中国書法家協会(Chinese Calligraphers Association)には、カ沢の会員が100名以上在籍する。カ沢では30万人以上が定期的に武術的な活動に参加する。カ沢は、7千万語を超える記録済みの民話、民謡、バラッド、民族的ことわざ、民族の風習を登録した。同規模の都市の中で、カ沢は中国政府公認の国の無形文化遺産を3番目に多く所有する。

ソース:The CPC Heze Municipal Committee

▽添付画像リンク先
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]