理化学研究所/計算科学研究機構が国内最大級の65PB(ペタバイト/物理容量)の次世代超大容量HPC共用ストレージ「HyperSTOR Flex」を採用

~250GB/sデータ共有性能の並列Gfarm データサーバ/データストレージを実現~

コアマイクロシステムズ株式会社 2017年12月19日

コアマイクロシステムズ株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:高橋晶三、以下 コアマイクロシステムズ)は、理化学研究所/計算科学研究機構が国内最大級の65PB(ペタバイト/物理容量)のHPC共用ストレージ「HyperSTOR Flex」を採用し、安定稼働が開始されたことを発表しました。

◆背景
近年、従来の科学技術研究に加えIoT/AI関連の研究が盛んになっています。そのため新規HPCの導入が加速しています。国内研究機関/大学におけるHPC導入において、HPC高速化と効率化のためにHPCストレージの高速化と大容量化が急速に進んでいます。これら国内学術HPCインフラ(HPCI)の効率利用のために統合された超大容量な高速広域HPCストレージ(HPCI共用ストレージ/Gfarmファイルシステム)の重要性が非常に高まっています。

◆導入システム概要
外部広域40Gネットワーク及び内部インフラ100G基幹ネットワークで構成し、並列Gfarm データサーバ/データストレージのレイヤでのデータ共有性能は250GB/sを誇ります。
<ネットワーク接続図>
(リンク »)

◆HyperSTOR Flexについて
本事例で採用されたHPCストレージHyperSTOR Flexは、HPC/HPDA/MEDIA/(4K&8K) 等のI/Oインテンシブなストレージアプリケーションに高効率かつ柔軟に対応する革新の次世代ビッグデータストレージシステムです。各種のI/O 特性/ 接続性に柔軟に対応、かつ最適化できるだけではなく、スループット/ キャパシティレベルにおいてスケーラブルで柔軟な構成が可能です。
コアとなる革新的RAID 技術RAID FLEX(ERASURE CODE 型RAID N+M)は、超高性能RAID アルゴリズム計算(RAID6 レベルで25GB/s 以上/CPU コア)を可能にしているだけではなく、従来方式のRAID5/6 では限界だったRAID 再構成速度の超高速化やRAID デグレード時の性能継続化を可能にしました。また3 パリティ以上の高度なデータプロテクションを性能劣化なしで提供することが可能です。さらに、コンバージェンス技術により、標準実装のローカルファイルシステムに加えてLUSTRE/GPFS/CXFS/Gfarm 等の分散システム/ クラスタファイルシステムやストレージインテンシブアプリケーションのインテグレーションが可能です。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

コアマイクロシステムズ株式会社の関連情報

コアマイクロシステムズ株式会社

コアマイクロシステムズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]