ティーピーリンクジャパンとWizが業務提携 無線LANルーター「Archer C3150」×光回線サービス「Drive光」サービス開始から5カ月で導入企業450社を突破!

ティーピーリンクジャパン株式会社 2018年02月08日

From PR TIMES

無線LAN製品の開発、製造、販売で世界No.1のシェアを誇るTP-Linkの日本支社である、ティーピーリンクジャパン株式会社(所在:港区西新橋/代表:李 超毅、以下TP-Link)は、2017年9月より、自社の無線LANルーター「Archer C3150」を、株式会社Wiz(本社:東京都豊島区/代表取締役社長:山崎 俊、以下「Wiz」)が販売する光回線サービス「Drive光」に組み合わせて販売する活動をスタートさせ、5か月間で450社以上のSOHO・中小企業に導入致しました。
今後はコンシューマーに加えて、国内のSOHO・中小企業に対しても、高速かつ安定したWi-Fi環境を提供し、
企業の業務促進と顧客サービス向上に貢献することも目標にしてまいります。



[画像: (リンク ») ]


■業務提携におけるタイムライン
2017年7月 ティーピーリンクジャパンとWizの業務提携開始
2017年9月 無線LANルーター「Archer C3150」と「Drive光」の組合わせサービスの販売を開始
2018年2月 販売開始から5カ月で導入企業450社を突破

■業務提携の狙い、目的
コンシューマー向けの市場に加えて、SOHO・中小企業の市場に対しても、高速かつ安定したWi-Fi環境を提供するべく、無線LANルーター「Archer C3150」と光回線サービス「Drive光」を組み合わせたサービスを作りました。
今後はサービスを導入していただいた企業オフィス・店舗様へ、高速かつ安定したWi-Fi環境を提供し、円滑な業務の推進と顧客サービスの向上に貢献することを目標としています。

■これまでの実績(2018年2月時点)
「Archer C3150」は、株式会社Wizを通じて450社以上(2018年2月時点)のSOHO・中小企業に導入されています。
Wi-Fiの安定性・信頼性が向上し、サービスを利用するエンドユーザーの顧客満足度が格段に向上しました。
販売パートナーであるWizの社内でも、全拠点・全フロアに「Archer C3150」を導入しており、社員からは「快適なネット環境が整備され、業務効率が上がった」と高い評判を得ています。


【SOHO・中小企業向けの活用例】

1、ゲストネットワークの構築
ゲストネットワークを構築することで、スタッフとお客様で別々のネットワークに振り分けることができるので、運用面での安心感と効率性を感じることが出来ます。

2、4本のデュアルバンド・アンテナと強力なアンプによるWi-Fi範囲の拡大
例えば壁を隔てるとWi-Fiが繋がりづらいという場合でも、「Archer C3150」を導入することで、オフィスの端にある会議室の中まで快適に通信を行えるようになります。

3、2.4GHzと5GHzで合計3167Mbpsの高速通信を実現
同時に複数台の機器を接続しても全く処理速度が落ちることがないため、オフィス内でもストレスなくインターネットへアクセスすることが出来ます。

4、全国どこの支社でも自動でWi-Fiに繋がる環境を実現
SSIDとパスワードを全店舗や全支社で統一することで、どこの支社でも自動でWi-Fiが繋がるようになります。設定もアプリ一つで簡単に出来るため、大小関わらず多くの企業様にとって導入しやすいサービスとなります。

5、便利なNAS機能
資料を保存したハードディスクを「Archer C3150」のUSBポートに差し込むことでNAS機能が使用できます。例え店舗や会社にいなくても、資料のデータを確認することができるようになり、業務効率が上がります。

6、プロモーションツールとして活用できるWi-Fi接続画面*
来社された方や、店舗の顧客が自社のWi-Fiアクセスホイントに接続する際、ウェブブラウザー上でパスワードの入力画面を表示させることもできます。その際、画面の背景を変えたり、自社・店舗の公式Webサイトへ
リダイレクトさせたりすることもできるので、プロモーションツールとしての活用も可能です。

*一般的に、こうした機能を備えるのは業務向けのネットワーク機器ですが、ルーターとアクセスポイントが別の機器になっていて管理が面倒だったり、高価だったりします。Archer C3150などを導入すれば、コストを抑えることができます。

7、HomeCareTMサービスによる強固なセキュリティ
ケーブルを使わずに通信できる無線LANに対して、企業ではセキュリティ対策もしっかりする必要があります。TP-Linkの「HomeCareTM」サービスは、トレンドマイクロ社のデーターベースを利用した総合的なセキュリティ機能を提供し、ネットワークを使用する全ての機器を自動的にオンライン上の脅威から保護することが出来ます。
また、悪意のあるコンテンツに対して、フィルタリングと侵入防止を行い、ネットワーク上でウィルスに感染している機器を自動的に隔離することも可能なため、オフィスや店舗など常に多数の外部機器が接続している無線環境で大いに活用することができます。

*TP-LinkのHomeCareTMサービスは、高額なアンチウィルスソフトを必要とせず、サービス導入のみで高度なセキュリティ対策を実現します。


【株式会社Wizについて】
株式会社Wiz は“ 売る”と“ 創る” で新しい価値を創造し、サービスの質を向上させることでIoT事業、
Wi-Fiインフラ事業など幅広く事業を展開する会社です。

■Drive光 について
Drive光とは、NTT東日本・NTT西日本の「光回線」と「プロバイダサービス」をセットにした高速かつ快適な
光回線サービスです。現在は13,000名の方にご利用いただき、高い顧客満足度を維持しております。
(リンク »)

※利用メリット•フレッツ光回線はそのままで工事不要
•月額料金が安い
•光コラボサービスをスマートフォンや携帯電話とセットでご利用することで更にお得に

【会社概要】
社名 :株式会社Wiz(ワイズ) (英文表記:Wiz Co.,Ltd. )
代表 :山崎 俊
所在地:東京都豊島区南大塚2-25-15 South新大塚ビル12F
コーポレートサイト : (リンク »)


【世界No.1シェア!高品質無線LANルーターのTP-Link】
TP-Linkは、世界170か国以上で10億人以上のエンドユーザーにネットワーク製品を提供している、
世界No.1プロバイダーで、無線LAN機器の世界シェアは46%を誇ります。現在、アメリカ、イギリス、
ドイツ、日本など、世界42か国に現地法人を構えています。
徹底した研究開発、効率的な生産体制、そして厳しい品質管理によって、TP-Linkはネットワーキング製品の分野において、多くの賞を受賞しています。また各国の技適マークを取得しており(※)、高性能で安心してご利用いただける製品を提供しています。
※TELEC, CE,FCC取得済み、RoHS指定対応

【会社概要】
社名 :ティーピーリンクジャパン株式会社(英語名: TP-LINK JAPAN INC. )
代表 :李 超毅
所在地 :東京都港区西新橋2丁目9-1 PMO 西新橋8F
コーポレートサイト : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]