ゾーホー、クラウド型顧客管理、営業支援サービス「Zoho CRM」で、世界初となる対話型AI「Zia Voice」とアプリケーション開発基盤 「Catalyst」を発表     

ゾーホージャパン株式会社 2018年03月02日

From DreamNews

2018年3月2日
ゾーホージャパン株式会社
ニュースリリース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゾーホー、クラウド型顧客管理、営業支援サービス「Zoho CRM」で、
世界初となる対話型AI「Zia Voice」と、
アプリケーション開発基盤 「Catalyst」を発表

AI機能を強化し、ボイス(音声会話)やチャットによるシステムとの対話、
受注予測や最適なEメールをタイムリーに顧客に送信できる
「Eメールセンチメント分析」が可能に。
さらに、企業独自のアプリケーション開発と、ユーザーへの展開、
管理を可能とする開発基盤を提供

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IT クラフトマンシップでITソリューションを提供する
ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:神奈川県横浜市
以下、ゾーホージャパン)の親会社であるZoho Corporation
(CEO:シュリダー・ベンブ、本社:インド タミル・ナドゥ州チェンナイ 以下、Zoho)は、
従来より提供している営業アシスタント「Zia」(ジア)にボイス(音声会話)・
チャットによる対話機能を追加した、初の対話型AI(人工知能)
「Zia Voice」(ジア ボイス)を、日本時間の2018年3月1日に発表しました。
また、この新しい「Zia」では、受注予測や最適なEメールをタイムリーに
顧客に送信できる「Eメールセンチメント分析」も行えるようになりました。

さらに、サーバーレス環境においてアプリケーションの開発と管理ができる
「Catalyst」(カタリスト)やユーザーの使用言語に応じて表示を切り替える
翻訳機能、ポータルといった新機能も追加し、エンタープライズ企業にとって
有益な機能強化も行っています。なお「Zia Voice」 は、現在英語のみの
対応となっており、今後、順次各国言語に対応する予定です。

ZohoチーフエバンジェリストであるRaju Vegesna(ラジュ・ベゲスナ)は、
「我々はCRMとして初の対話型AI『Zia Voice』を提供します。
営業支援AIとしての機能を強化し、ボイス・チャットでの対話により、
スムーズに顧客情報へアクセスするなど、スマートな営業活動が行える
環境を提供します」と述べています。

*Zoho CRM2018について(英):< (リンク ») >


■Zia、営業活動を会話形式でアシスト

・対話型ボイス・チャットBot:Ziaは、新規リードの作成数や、平均売上、
当月の売上予測の計算、 トラフィック数のステータスなど、日々の営業活動で
必要となるあらゆる情報を、ボイス(音声会話)やチャットで話しかける
だけで答えてくれます。

・見込み客/商談予測:Ziaは、リードや商談のパターンや進捗状況から、
受注確度を推測します。これにより、営業担当者はより受注確度の高い
商談へ集中して取り組めるようになります。

・Eメールセンチメント分析:Ziaは、日々のメールやりとりから、
送信者の肯定的・否定的な感情を読み取り、分析します。これにより、
営業担当者は優先的に対応すべきEメールを判別することが可能となります。

*センチメントの判別は現在英語のみの対応。今後各国言語に対応予定。

・コンタクトに最適な時間の通知:Ziaは、リードや顧客へのコンタクトに
最適なタイミングを提案します。これにより、営業担当者は顧客との
コミュニケーションをよりスムーズに行えるようになります。

451Research社のSheryl Kingstone(シェリー・キングストン)氏は、
「営業支援ツールは、次のフェーズへと進みました。音声識別機能といった
AI技術の進歩により、SaaSベンダーは目には見えない形でアプリケーションを
進歩させ、より簡単に、より自然な形で、画面すら見なくても
アプリケーションを操作できるまでになりました。最近の調査では、
今後24ヶ月で先進的なデジタル企業の45%がボイス インターフェースを
使用するとし、またそれを楽しみにしていると回答しています」と述べています。

■Catalyst(カタリスト): Zoho CRM のカスタマイズプラットフォーム

・モバイルソフトウェア開発キット (SDK): Zoho CRM のモバイルSDKは、
既に Zoho CRM が提供している標準のモバイルアプリとは別に、例えば
フィールドサービスに必要な機能だけに限定したモバイルアプリなど、
ニーズやユーザーの役割に応じて、シンプルなカスタムモバイルアプリを
開発できます。

・モバイルデバイスマネージャー (MDM):MDMネットワークを利用し、
iOSまたはAndroid端末で開発した社内向けのモバイルアプリやWeb SDKの
配布ができます。

・サーバーレス環境:物理的なハードウェアやサーバー負荷を心配する
必要なく、Zoho のインフラを利用できます。他社サービスと Zoho CRM を
連携するコンポーネントにより、コストを削減できます。

・ウィジェット:外部ソースから情報を取得し、リアルタイムに Zoho CRM の
データと連結させるカスタムUIを構築する為のコンポーネントを提供します。

■Zoho CRM エンタープライズ向け機能の特徴:

・ポータル:顧客、ベンダー、パートナー自身が Zoho CRM の一部データに
アクセスできるポータル機能を提供します。例えば、顧客は自身の営業担当者や、
購入履歴、商談、請求書といった情報に自らアクセスできます。

・Blueprintの機能追加:あらかじめ設計した業務プロセスを設定できる
Blueprint機能に、SLAとチェックリストの機能が追加されました。これにより、
セールスマネージャーは遅延が発生している営業プロセスのアラートを
受け取ることが可能となります。

・トランスレーション:Zoho CRMはこれまで以上にマルチ言語への対応を
強化します。これまで言語が固定であった、プルダウン項目の選択肢を、
ユーザーの使用言語に応じて切り替えることが可能となりました。

●料金・機能
Zoho CRM の料金プラン体系は、スタンダードプラン、プロフェッショナルプラン、
エンタープライズプランからなり、1ユーザー当たり月額1,440円から
5,400円(税抜き)の間でご利用いただけます。また、大企業に特化した
アルティメットプランは、1ユーザー当たり月額12,000円(税抜き)となっています。

エンタープライズプラン・アルティメットプランにおいて、ほぼ全ての
機能を利用でき、一部の機能は段階的にユーザーへ提供されます。
詳しい利用料金については、< www.zoho.com/jp/crm >をご参照ください。

-----------------------------------------------------------------------------

ゾーホージャパン株式会社について URL:< (リンク ») >

ゾーホージャパン株式会社は、ワールドワイドで事業を展開する
Zoho Corporation Pvt Ltd.(本社:インド タミル・ナドゥ州チェンナイ
CEO:シュリダー・ベンブ(Sridhar Vembu))が開発/製造したネットワーク
管理開発ツールや企業向けIT運用管理ツール、企業向けクラウドサービスを
日本市場に提供すると同時に関連するサポート、コンサルティングなども
提供しています。企業向けIT運用管理ツール群「ManageEngine」は、
世界12万社を超える顧客実績を誇り、国内でも販売本数を伸ばしています。
「ManageEngine」は、ネットワーク管理のOEM市場でスタンダードとして
認知されてきたネットワーク管理開発ツール「WebNMS」のノウハウや経験を
生かして開発されたものです。また、業務改善/生産性向上を支援する企業向け
クラウドサービス群「Zoho」は、世界で3,000万人を超えるユーザーに利用
されています。国内では「Zoho CRM」を中心にユーザー数を増やしており、
35種類以上の業務アプリケーションを1セットで利用できる「Zoho One」の
提供も始まっています。

なお、ゾーホージャパンは2017年4月、「コールセンターの設置」、
「テレワーク推進による働き方改革」、「地方創生(雇用促進・女性活躍)」の
3つの目的のもと、元駐在所を町から借り受け、「川根本町サテライトオフィス」を
開設しました。現在、川根本町サテライトオフィスでは、シングルファザー、
シングルマザーの方の採用を積極的に行っています。

川根本町サテライトオフィスについて:

〒428-0414静岡県榛原郡川根本町東藤川1013-1
紹介動画:< (リンク ») >
紹介ブログ:< (リンク ») >
採用について:< (リンク ») >

-----------------------------------------------------------------------------

「:)ITクラフトマンシップ(^▽^)/ 」 について:

ソフトウェアは単なる工業製品ではなく、「クラフト」です。
ゾーホージャパンは、インドで創り上げた「クラフト」をおもてなしの
こころで洗練します。この限りない洗練を楽しみ、信念、情熱をもって
IT の世界で追求していくこと。 それが「IT クラフトマンシップ」です。
常識にとらわれず、多様な人財がもつスパイス(個性)をかけ合わせることで、
ITクラフトマンシップを発揮できる組織をつくります。そして、
笑顔あふれる社会 の創出に貢献します。

ゾーホージャパンは、お客様がクラフトを使いこなせるように
ITクラフトマンシップで実現します。 人と人とのつながりを大切にし、
安心して使いこなしていただけるよう、お客様の成長を支援します。

・ゾーホージャパン「ZOHO Style」サイト:
営業職から技術職へ--未経験の世界で「経験」を生かして働く
< (リンク ») >

・新人エンジニア、インドへ行く。ITの仕事がつないだ異文化間の絆
< (リンク ») >


本資料に掲載されている製品、会社などの固有名詞は各社の商号、商標または
登録商標です。(R)マーク、(TM)マークは省略しています。
*******************************************************************
<お問い合わせ先>
ゾーホージャパン株式会社 Zoho事業部
TEL:045-319-4614 E-mail:sales@zoho.jp
*******************************************************************




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]