「Rakuten Ragri」、タニタの新業態「タニタカフェ」と食分野で提携

楽天株式会社 2018年03月08日

From PR TIMES

- 有機野菜を使ったカフェメニューや商品をタニタと共同開発 -

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)の運営する農業サービス「Rakuten Ragri(ラグリ)(以下、「Ragri」)」は、株式会社タニタ(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:谷田 千里、以下「タニタ」)と提携し、同社が展開する「タニタカフェ」事業において、「Ragri」の提供する有機野菜を使ったオリジナルのカフェメニューや商品を共同開発します。



 「Ragri」では、生産者一人ひとりが、消費者からの注文を受けてから農作物を育てるCSA(地域支援型農業)サービスを提供し、農家の月額安定収入の実現だけでなく、農業の担い手対策、新規就農者の育成や支援に力を入れています。「Ragri CSA」を通じて提供される野菜は、有機JAS認定を取得した農家を中心に、無農薬や減農薬などの特別栽培に取り組む農家によって育てられます。また現在、有機JAS認定の基準に則った洗浄方法を採用した有機野菜の加工、カットサラダなどの商品化を進めています。本提携は、タニタが「Ragri」の取り組みや品質の高さに着目したことをきっかけに実現しました。

 「タニタカフェ」は、タニタが健康的な食を提供する「タニタ食堂」に続く新業態として本格展開するもので、「楽しさ」や「心地よさ」といった「こころの健康づくり」につながるエッセンスを採り入れた新しいスタイルのコンセプトカフェです。旗艦店となる都内1号店として、2018年5月に「タニタカフェ有楽町店」をオープンし、2022年度(2023年3月末)までに、全国に100店舗の展開(注)が計画されています。

 「Ragri」と「タニタカフェ」の共同開発メニューの第1弾として、季節の有機野菜を豊富に使ったサラダ(5種)などを「タニタカフェ」で提供する予定です。このほか、メニューは随時更新され、季節ごとに旬の野菜を採り入れたメニューを継続的に共同で開発してまいります。また、今後の展開として、有機野菜を使ったカップサラダなどの商品も開発し、スーパーマーケットやインターネットなどを介した販売も検討しています。

 今後も「Ragri」は、生産者がこだわりを持って育てる野菜を、多くの消費者に健康的で気軽に食していただけるよう、様々な機会を提供してまいります。

(注)「フランチャイズ」「メニュー提供」の2方式による店舗展開
[画像: (リンク ») ]

以 上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。