図研ネットウエイブ、「ひとり情シス」問題をサポートする「IsilonSD Edge」販売開始に向けDell EMC と協業

図研ネットウエイブ株式会社 2018年03月19日

From ValuePress!

2018年3月19日 - 図研ネットウエイブ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 郁生、以下図研ネットウエイブ)は、デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、以下デル、URL: (リンク ») )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、以下EMCジャパン、URL: (リンク ») )が推進する「ひとり情シス」に悩む中堅企業(従業員100 名以上1,000名未満)のデータ管理を強力にサポートするソリューションとして「IsilonSD Edge」の販売開始に向けての協業開始を発表いたします。

2018年3月19日 - 図研ネットウエイブ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 郁生、以下図研ネットウエイブ)は、デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、以下デル、URL: (リンク ») )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、以下EMCジャパン、URL: (リンク ») )が推進する「ひとり情シス」に悩む中堅企業(従業員100 名以上1,000名未満)のデータ管理を強力にサポートするソリューションとして「IsilonSD Edge」の販売開始に向けての協業開始を発表いたします。


Dell EMC の調査では、現在、日本全国の企業約47,000 社の3 割にあたる約14,000 社が「ひとり情シス」で企業のITを支えているのが実態であり、日本国内全体として今後ますます深刻化が予測されているIT 人材不足により、「ひとり情シス」企業は今後も増え続けると分析しています。 この「ひとり情シス」企業が直面するIT 運用におけるさまざまな課題の中でも重要な位置を占めるのがデータ管理に関する課題です。 「IsilonSD Edge」は、データ管理の運用工数軽減を実現します。


「IsilonSD Edge」は業界トップレベルの拡張性、管理性、可用性、機能性でストレージ市場をリードするスケールアウト型のNAS であるIsilon のソフトウェア デファインド版です。 VMware 環境と密接に統合され、VMware ESX 5.5 または 6.0 で実行される「IsilonSD Edge」は、ハードウェア アプライアンス版のIsilon と同様に強力でシンプルな管理を実現するIsilon OneFS オペレーティングシステムで構成されており、すべてのソフトウェア機能をサポートします。マルチプロトコル サポートやエンタープライズ グレードのデータ管理・保護機能があります。その他、データレプリケーションのためのIsilon SyncIQ、クォータ管理のためのIsilon SmartQuotas、データバックアップのためのIsilon SnapshotIQ などのライセンスも含まれており、最大36TB の容量を提供します。


従来様々な業種や業界で数TB~数PB の大容量ストレージ運用における課題解決に多くの実績を持つIsilon のメリットや機能を安価で実現できる「IsilonSD Edge」は、スモールスタートできるだけではなく、将来大容量のハードウェア アプライアンス版 Isilon をご利用いただく際にはデータ移行の工数を全く心配することなくシームレスにストレージを移行可能です。


今回の協業に際し、デル株式会社 執行役員 広域営業統括本部長 清水 博氏は次のように述べています。「デルは、図研ネットウエイブ株式会社とともに最近のひとり情シスに代表される中堅企業ビジネス支援に向けた大容量データの管理に最適なスケールアウトNAS「IsilonSD Edge」の販売推進を歓迎いたします。中堅企業ユーザからも高い評価を得ている「Isilon」ストレージの優れたデータ管理機能を容易かつコスト効率の良い方法で導入可能なソフトウェア版Isilon の「IsilonSD Edge」と「PowerEdge」サーバをパッケージ化したソリューションを展開します。これによりデータ管理の自動化・シンプル化が実現し、先進的なIT 基盤をスモールスタートで導入することが可能になると考えております。」


図研ネットウエイブ株式会社 代表取締役社長 中村 郁生は次のように述べています。

「この度「IsilonSD Edge」によるソリューションでデル株式会社と協業できることを大変喜ばしく思っております。弊社は10 年以上に渡り、一次代理店としてIsilon を販売、サポートしてまいりました。 その実績を活かし、今後より多くの国内中堅企業が抱える「ひとり情シス」のデータ管理への課題に貢献できるよう「IsilonSD Edge」を始めとする最適なサーバ・ストレージソリューションを展開してまいります。」


現在、デルと図研ネットウエイブは「IsilonSD Edge」を最適な状態で提供するべく継続して技術検証を進めております。IsilonSD Edge の販売時にはライセンスのみならず、デル製サーバ、VMware のライセンスをパッケージ化し、さらに構築・保守サービスも併せてのご提供を予定しております。


本ソリューションに関しての技術要件、価格等のご質問がございましたら弊社下記窓口までお問い合わせください。

※ 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


【図研ネットウエイブについて】

図研ネットウエイブは 2001 年、急速な発展とともに多様な課題を抱えるインターネット市場に独自のソリューションを展開するため、株式会社図研の出資により設立されました。2002 年よりフォーティネットのディストリビュータとして販売を開始し、累積で 40,000 台以上の機器販売実績があります。また、過去 6 回に渡って No.1 ディストリビュータ賞に輝いており、フォーティネット製品に精通した SE が導入から運用・サポートまで包括的な技術支援を提供しています。図研ネットウエイブでは、企業ネットワークにおける外部からの脅威、内部からの情報漏洩といった問題に対するネットワークセキュリティソリューションだけでなく、今後急速に進化する仮想化環境・ビックデータ活用に最適なスケールアウトストレージやクラウドサービスにいたるまで、あらゆる企業ニーズに応えるべき「もっと速く、もっと安全に」をコーポレートメッセージとしてお客様に高いバリューの製品とプロフェッショナルサービスを提供します。

詳細は (リンク ») をご参照ください。


【デル株式会社について】

デルは世界市場トップレベルのシェアを誇るエンドツーエンドのソリューション・プロバイダー、Dell Inc.の日本法人です。 総合 IT ソリューション事業 - パソコン・モバイル端末から基幹システムやクラウドの導入支援、セキュリティサービスに至るまで包括的な IT ソリューションを提供。 (リンク »)


【EMC ジャパン株式会社について】

EMC ジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。 (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。