A8.netが新広告効果計測システムの提供開始(特許出願中) 1stパーティ製Cookieを採用し、DNS設定のみで従来の計測が可能に

株式会社ファンコミュニケーションズ 2018年03月28日

From DreamNews

~消費者-メディア-広告主のwin-win-winな関係を構築し成功報酬型アドネットワークのさらなる発展を目指す~

インターネット広告事業を展開する株式会社ファンコミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柳澤安慶 東京証券取引所市場第一部:2461)が運営する国内最大級のアフィリエイトサービス「A8.net(エーハチネット)」< (リンク ») >は、2018年3月より広告主企業向けに、Apple社のITP(Intelligent Tracking Prevention)に対応した新しい広告効果計測システム(以下、新システム)の提供を開始しました。

ITPは、2017年9月より配布が開始されたiOS11における標準ブラウザ・Safari11のCookie(※1)機能に標準で制限をかけるもので、これにより当社サービスを含む多くのネット広告が利用する「3rdパーティ製Cookie(※2)」を使った広告効果計測の仕組み(例:図(1))では、一部正常に効果計測が出来ない状況が生じています。これを解決するには「1stパーティ製Cookie(※3)」を用いて広告効果計測をする方法がありますが、広告主サイトの外部決済サービス利用が進むなど複雑化するEC環境下で、異なるドメイン間を行き来するユーザーの一連の遷移を正確に追跡計測していくためには広告主側での追加設定作業が多く必要で、導入ハードルが高く浸透しづらいことが難点でした(例:図(2))。

これらの背景を踏まえ、このたびA8.netでは、この「1stパーティ製Cookie」を用いながらも広告主側の負担を「3rdパーティ製Cookie」利用時と同等の最小限に抑えられる新システムを考案・開発しました(特許出願中:2018-044411)(図(3))。新システムでは、広告主はDNS(※4)の設定をするだけで、同一ブラウザ上でのあらゆるユーザーの遷移ケースを「1stパーティ製Cookie」で正確に効果計測することが可能になります。




Cookieは使い方を誤ればプライバシー等の問題にも関わるものではありますが、一方Cookieなくして今日のインターネットの利便性や多彩なサービスは成立し得なかったと言っても過言ではない、インターネットにおける標準的な技術です。新システムは、消費者のプライバシーを損なうことなく広告主に過度な導入負担をかけず、メディアを通じて広告主の便利な商品やサービス情報を消費者に提供し、メディアに適切な報酬を支払うための仕組みを提供するものです。

A8.netでは今後も、消費者-メディア-広告主のいずれかに偏ることのない、三者がWin-Win-Winになる成功報酬型アドネットワークの提供を通じて、インターネットを取り巻くエコシステムへの貢献を目指してまいります。

※1)Cookie(クッキー):Webサーバとブラウザ間で情報をやり取りする仕組み。Webサーバが発行し、ユーザー情報等を書き込んでブラウザ上に保存される。広告効果計測以外にログイン情報の記憶などにも使われる。
※2)3rdパーティ製Cookie:表示中のサイトとは異なるドメイン(第三者)のサーバから発行されたCookie。(=本リリースにおいては広告事業者ドメインのCookieを指す)
※3)1stパーティ製Cookie:表示中のサイトと同じドメインのサーバから発行されたCookie。(=本リリースにおいては広告主サイトドメインのCookieを指す)
※4)DNS:Domain Name Systemの略で、インターネット上でドメイン名を管理・運用するためのシステム。

■画像素材(ご自由にお使いください):
(リンク »)

「A8.net」について
「A8.net」は、2000年6月にサービス開始し、今年18周年を迎えるASP(アフィリエイトサービス・プロバイダー)です。PC・スマートフォン・タブレットに対応しており、累計広告主数約18,000、アフィリエイトメディア数約238万と日本最大級の規模(2017年1月末現在)となっています。また、NPO法人アフィリエイトマーケティング協会主催の「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査」ではASP満足度7年連続1位を受賞するなど、多くのアフィリエイトメディアにご支持いただいています。

株式会社ファンコミュニケーションズについて
ファンコミュニケーションズ< (リンク ») >は、日本最大の成功報酬型アドネットワーク企業グループです。アフィリエイトサービス「A8.net(エーハチネット)」< (リンク ») >やスマートフォン向けアドネットワーク「nend(ネンド)」< (リンク ») >、リターゲティング広告サービス「nex8(ネックスエイト)」< (リンク ») >などを運営し、費用対効果に優れた「効果の見える」広告プロモーションを企画・提案しています。

所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-8 青山ダイヤモンドビル
設立日:1999年10月1日
代表者:代表取締役社長 柳澤 安慶 (やなぎさわ やすよし)
資本金:11億6,894万円(平成29年12月31日現在)

※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関する報道機関からのお問い合わせ
株式会社ファンコミュニケーションズ 広報室 担当:佐藤・下坂
Tel:03-5766-3792 / 080-4064-4879 Mail:fancs_pr@fancs.com


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ファンコミュニケーションズの関連情報

株式会社ファンコミュニケーションズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]