編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

第001回「ブラウザで始めるL3スイッチ」

待望のL3スイッチ実機検証コラム「津村彰氏のヤマハではじめてみよう!L3スイッチ」

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチ

2018-04-20 08:00

SCSK株式会社 ネットワークプロダクト部 販売促進課 は津村彰氏の「ヤマハではじめてみよう!L3スイッチ」の第001回「ブラウザで始めるL3スイッチ」を公開しました。
1. はじめに – SWX3100-10Gがやってきた!

発売されたばかりの、ヤマハ L3スイッチ「SWX3100-10G」が届き、ワクワクしながらセッティングしました。
今回はその中から、「LANマップを使うまで」と、「既設のネットワークに組み込むまで」をご紹介したいと思います。
SWX3100-10Gは、1000Base-TXが8ポート、1000BaseのSFPポートが2ポートの、計10ポートのL3スイッチです。上位モデル(SWX3200シリーズ)より機能は劣りますが、その分安価であり、そしてファンレスのモデルとなります。よって、従来ヤマハ ネットワーク製品に求められてきた「静音性」「安定性」をそのままに、L3スイッチの恩恵を受ける事ができます。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]