NSW、製造業向け予知保全サービスの提供を開始 ~AIを利用した故障予測により、メンテナンスの最適化を支援~

日本システムウエア株式会社 2018年05月08日

From DreamNews

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、製造業向け予知保全サービス「Toami Analytics for 予知保全」の提供を本日より開始いたします。

製造現場におけるメンテナンス作業は、熟練者の減少による保全技術力の低下や、定期的な保全作業により生じる余分なメンテナンスコストなどの問題があり、最適な保全サービスの実現という点で改善の余地を残しています。

そこで、当社ではIoT向けビッグデータ分析・予測サービス「Toami Analytics」を、故障予測や異常検知といった分野に提供する中で蓄積した、AI活用や統計手法のノウハウを「Toami Analytics for 予知保全」としてパッケージ化しました。

本サービスでは、ディープラーニングの活用により正常な状態と異なる振る舞いの検知や、状態変化パターンによる故障個所の予測を実現し、従来型の予知保全と比べてトータル的なメンテナンスコストの削減に貢献します。また、サポート体制として、お客様の現場環境やニーズに合わせたクラウドおよびオンプレミスでの環境提供や、お客様自身でAIが導き出した結果の判断内容を理解し、自社改善に繋げていくためのアフターフォローサービスなども提供します。

■「Toami Analytics for 予知保全」の特徴

NSWは、今後も業種に特化した「Toami Analytics」のラインナップを拡充していき、お客様の業務の最適化を支援してまいります。なお、本サービスは、5月9日(水)~11日(金)に東京ビッグサイトで開催されるJapan IT Week春「IoT/M2M展」(ブース番号:西4-46)に出展します。

以上

■「Toami Analytics」について
IoTによりあらゆるモノから収集・蓄積したデータから新しい価値を導き出すサービスです。統計的手法によって予測分析・原因分析・相関分析する機械学習により、高精度な予測を可能とし、その結果に基づく未来予測まで行います。特定のIoTプラットフォームにとらわれることなく、お客様の環境に合わせクラウドorオンプレミスのどちらでも対応が可能です。

■関連リンク
IoT向けビッグデータ分析・予測サービス「Toami Analytics」
(リンク »)

■NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年に創業。各業種対応のシステム開発、大規模システム運営、データセンターでのアウトソーシングなどをワンストップで提供します。また、オートモーティブや通信分野などの組込みシステム開発を行うほか、LSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かし、IoTクラウドプラットフォーム「Toami」を中心とした、IoT/M2M分野の各ソリューションやサービス提供に注力し、IoTインテグレータNo.1を目指します。詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

■サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
サービスソリューション事業本部
営業統括部 第二営業部:大野
TEL:03-3770-0096
E-mail:m2m@list.nsw.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室広報担当:染葉(ソメハ)、金子
TEL:03-3770-4014
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp






関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]