労働時間の減少効果が高い施策は「オンライン会議システム」と「労働時間の見える化」 全国2.4万人規模の調査「働き方改革研究センター調査2018」に基づくレポート第一弾を公開

株式会社パイプドビッツ 2018年05月31日

From DreamNews


 株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、以下「パイプドビッツ」)内のパイプド総研が事務局を務める「働き方改革研究センター」(センター長 伊藤健二)は、全国2.4万人規模を対象にインターネットで実施した「働き方改革研究センター調査2018」の分析結果レポートの第一弾「働き方改革に伴う13の施策を活用すると、労働時間にどのような効果があるか?~働き方改革研究センター調査の概要について~」を、本日2018年5月31日に公開しましたので、お知らせいたします。

■ 調査の背景
 近年、若年化している過労死や過労自殺等の問題を受け、安倍首相は長時間労働の是正に取り組むとして、労働基準法制定以来70年ぶりの大改革にあたる「働き方改革関連法案」を進め、注目が集まっています。
 過度な残業を減らす一方、一人当たりの生産性を上げることは必要不可欠で、テレワークや育児休業制度といった働き方改革に伴う施策・制度の導入や、業務分析を行うことが求められています。しかし、いざ施策を導入しても、それが組織と合致しなかったり、労働者に必要性を感じてもらえなかったりすれば、施策を上手く活用することはできず、生産性向上という成果にはつながりません。
 そこで、「働き方改革研究センター」は、働き方改革に伴う13の施策の導入率や、施策の導入による活用効果率を検証するため、全国2.4万人を対象に「働き方改革研究センター調査2018」を実施しました。

■ 調査概要
【調査対象】全国の就業者
【調査方法】インターネットによるアンケート調査
【調査期間】平成30年2月
【対象者数】23,822人(男性11,966人、女性11,856人)
【対象者区分】マネージャ 8,822人(男性4,481人、女性4,341人)
       労働者(マネージャ以外)15,000人(男性7,485人、女性7,515人)




■ 調査レポート第一弾の概要
 本レポートでは、「働き方改革研究センター調査レポート」第一弾として、表2に示した働き方改革に伴う13の施策に着目し、各施策の導入状況や活用効果(ここでは労働時間の減少)がどのくらいあるのかについて分析するとともに、労働者とマネージャの間にニーズの合致や乖離があるのかについても検証しました。




■1.調査ハイライト:導入率が最も高い施策は「ストレスチェック、メンタルヘルス診断ツール」
 表3は、13の施策の導入状況について、労働者とマネージャに分けて問いた結果を示したものです。
13の施策のうち、導入率が高い上位3施策は両者ともに同じ結果で、厚生労働省が導入を推進している「ストレスチェック、メンタルヘルス診断ツール」が最も導入率が高く、次いで「労働時間の見える化」、Skype等の「オンライン会議システム」となりました。
 また、労働者における全施策の導入率の平均が20.29%であるのに対し、マネージャにおける全施策の導入率の平均は約1.7倍高い33.74%となっており、労働者はマネージャと比べて施策の導入を認識していないことや、マネージャから労働者への施策の導入の説明が不十分であることがうかがえます。


■2.調査ハイライト:活用効果が最も高い施策は「労働時間の見える化」、「オンライン会議システム」
 表4は、13の施策の活用効果を検証するため、活用効果率(施策を「導入している」と回答した人のうち、「活用することで労働時間が減少した」と回答した割合)を算出し、労働者とマネージャに分けて問いた結果を示したものです。
13の施策のうち、活用効果率が高い上位3施策は「労働時間の見える化」、「オンライン会議システム」、「テレワーク・モバイルワーク環境」で、両者ともに同じ結果(順位は異なる)となりました。
 また、全施策の平均および上位3施策をそれぞれで見ても、労働者と比較してマネージャの方が高い活用効果率であることから、施策の導入により労働時間が減少していると感じるのはマネージャである傾向が強いことがうかがえます。


 本調査の調査項目や、全13施策の導入・活用状況など詳しい分析結果等については、第一弾レポートをご覧ください。(働き方改革研究センターWebサイトにてどなたでもご覧いただけます)
※第二弾より会員登録(無料)となります。

▼働き方改革研究センターwebサイト
(リンク »)

■ 働き方改革研究センター
「働き方改革研究センター」(センター長:伊藤健二(明治学院大学学長特別補佐(戦略担当))、事務局:株式会社パイプドビッツ)は、働き方改革における様々な命題・施策を体系化し、HRビッグデータを活用して、人、組織の生産性・幸福度の最大化に貢献することを目的として発足しました。全国2.4万人を対象とした「働き方改革研究センター調査2018」では、働き方改革の調査実績等が豊富なリクルートワークス研究所やデロイトトーマツコンサルティング、NTTデータ経営研究所にも参画いただき、現場のマネージャと労働者の視点で施策の活用状況だけでなく、労働時間削減やモチベーション、幸福度等への影響まで分析・整理します。

■ 働き方改革研究センターに関するお問い合わせ先
働き方改革研究センター事務局(株式会社パイプドビッツ パイプド総合研究所)
担当:水野、茨木
TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677
E-mail : pb-lab@pi-pe.co.jp

■ 報道関係者様お問い合わせ先
パイプドHD株式会社  (リンク »)
広報部:久保、宮古
TEL:03-6744-8039 FAX:03-3585-0620
E-mail :pr@pipedohd.com
※引用・転載時のクレジット表記のお願い
本リリースの引用・転載時には、必ずクレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
※記載された社名や製品名は各社の商標または登録商標です。
※内容は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]