サイバー攻撃対策プロジェクト「WarpDrive」、本日より実証実験スタート

株式会社構造計画研究所 2018年06月01日

From PR TIMES

~ SFアニメ「攻殻機動隊」に描かれた近未来テクノロジーを現実世界に ~

株式会社構造計画研究所(本社:東京都中野区、代表取締役社長:服部正太)が参画する、国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長:徳田英幸、以下「NICT」)による委託研究「Web媒介型攻撃対策技術の実用化に向けた研究開発」(通称、WarpDrive※1)の実証実験が本日よりスタートいたします。



[画像: (リンク ») ]

サイバー攻撃が巧妙化し、ユーザのWebブラウザやプラグインなどの脆弱性を悪用して強制的にマルウェア※2に感染させるWeb媒介型攻撃による被害が深刻化する中、セキュリティ対策は喫緊の課題となっています。

本実証実験では、アニメ「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズに登場する自律走行可能なAI戦車「タチコマ」をモチーフにしたWeb媒介型攻撃対策用ソフトウェア「タチコマ・セキュリティ・エージェント(以下、「タチコマSA」)」を、2018年6月1日から一般ユーザ向けに無償配布します。これにより、Webを媒介として拡大するサイバー攻撃の実態把握と対策を推進し、Webの安全性向上を目指します。

本実証実験で、当社は、長年培ったネットワークの監視技術や大規模データ分析技術をもとに、Web空間に新たな悪性Webサイトが出現するなどの異常を迅速に検知する技術を担当します。
今回のプロジェクトを機に、今後さらにサイバーセキュリティ分野の技術開発を進め、安全で快適なインターネット通信の実現に向け、事業開発を推進してまいります。

・「タチコマSA」のご利用はWarpDriveポータルサイトからどうぞ。
(リンク »)
・実証実験の詳細については共同プレスリリースをご参照ください。
(リンク »)

※1:WarpDrive : Web-based Attack Response with Practical and Deployable Research InitiatiVE
※2:コンピュータウイルスやワーム、ボットなどの不正プログラムの総称

■ 参考情報
[実証実験体制]
・株式会社KDDI総合研究所:実証実験の全体統括、大規模分析基盤の開発
・株式会社セキュアブレイン:タチコマSA開発
・国立大学法人横浜国立大学:Webに関連する脅威分析
・国立大学法人神戸大学:機械学習による攻撃検知手法の検討
・株式会社構造計画研究所:大規模分析基盤における攻撃検知手法の検討
・国立大学法人金沢大学:プライバシに関する検討
・国立大学法人岡山大学:モバイル環境における攻撃観測方法の検討
・国立研究開発法人情報通信研究機構:実証実験および可視化デザインの監修

■ 会社情報( (リンク ») )
構造計画研究所は、社会と共に創りあげていきたい未来像(Thought)として、「Innovating for a Wise Future」を掲げております。「大学、研究機関と実業界をブリッジする Professional Design & Engineering Firm」を標榜する当社は、今後も工学知をベースにした有用な技術を活用し、社会の諸問題の解決に挑むことで、より賢慮に満ちた未来社会を創造してまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]