編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

インフォサイエンス、統合ログ管理製品「Logstorage」のAWS連携機能強化。Amazon RDS PostgreSQL監査ログの収集・操作履歴の分析に対応

インフォサイエンス株式会社

From: ValuePress!

2018-07-25 11:00

インフォサイエンス株式会社は、「Logstorage」のオプション製品「Logstorage 連携パック for AWS ver2.2.0」に、Amazon RDS PostgreSQL監査ログの収集・分析機能を追加しました。インフォサイエンスでは、AWSより提供される各サービスのログ収集・分析の実現に向けて開発を積極的に進めております。今回リリースする「Logstorage 連携パック for AWS ver2.2.0」では、Amazon RDS PostgreSQL(Aurora互換含む)データベースの操作履歴(いつ、誰が、どのようなクエリ操作をしたのか)の可視化、利用状況を分析することが可能です。AWS Configスナップショットレポート(ネットワーク構成図)やBilling(AWS請求情報)にも対応しており、監査用途に限らず、幅広い用途で使用することが可能な製品です。

インフォサイエンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮紀雄、以下 インフォサイエンス)は、「Logstorage」のオプション製品「Logstorage 連携パック for AWS」に、Amazon RDS PostgreSQL(Aurora互換含む)監査ログの収集・分析機能を追加しました。


昨今、コストや業務負荷軽減、ITインフラの運用負荷軽減などの観点から、基幹システムについても、クラウド基盤上での運用が急速に進んでいます。基幹システムをクラウド基盤上で運用する場合でも、そのシステムが適切に運用されていることを証明するログの取得・管理は必須であり、ログ管理製品としてLogstorageが採用されるケースが着実に増えています。Logstorageは、オンプレミス・クラウド・ハイブリットのいずれの環境においても構築可能です。


Logstorageでは、サーバやネットワーク機器等の企業内のあらゆる情報システムのログに加え、主要クラウド基盤(IaaS/PaaS)であるAWS・Azure上で稼働するシステムのログ、クラウド固有のサービスログ、Box・Office 365といったSaaSを利用する上での操作履歴のログを統合管理し、より広範に分散するログデータの横断的、複合的な分析・追跡が可能です。また、各クラウドはWebGUIやAPIで操作が行われるため、オンプレミスよりも操作性が良い反面、作業状況を把握しづらいといった課題がありますが、Logstorageを用いてクラウド上の利用状況を明確にすることが可能です。


インフォサイエンスでは、AWSより提供される各サービスのログ収集・分析の実現に向けて開発を積極的に進めております。今回リリースする「Logstorage 連携パック for AWS ver2.2.0」では、Amazon RDS PostgreSQL(Aurora互換含む)データベースの操作履歴(いつ、誰が、どのようなクエリ操作をしたのか)の可視化、利用状況を分析することが可能です。Amazon RDSはエンジン別にログ出力仕様が異なりますが、「Logstorage 連携パック for AWS ver2.2.0」では、Amazon RDS Oracle、Aurora(MySQL互換、PostgreSQL互換)、PostgreSQLに対応しています。また、AWS Configスナップショットレポート(ネットワーク構成図)やBilling(AWS請求情報)にも対応しており、監査用途に限らず、幅広い用途で使用することが可能な製品です。


今後も、Logstorageをご活用頂くことで、クラウド利用上で課題とされる、監査証跡の記録、操作・行動の可視化によるセキュリティ向上、クラウド利用状況の可視化を実現し、クラウドをより安心してお使い頂けるよう、展開して参ります。


■ 製品名称: Logstorage 連携パック for AWS / Logstorage for AWS(アライアンス版)

■ バージョン: 2.2.0

■ 提供開始日: 2018年7月25日

■ 製品紹介URL: (リンク »)


[資料: (リンク ») ]
[資料: (リンク ») ]

Logstorageについて

======================================================

純国産の統合ログ管理システムで、小規模システムから大規模システムまでカバーします。多種多様な業界で採用され、大手企業、官公庁、公益事業を中心に2,500社以上への導入実績があり、Logstorage のユーザー導入数は2回連続、出荷本数シェアは11年連続第1位となりました。(※)


Logstorage製品詳細情報 (リンク »)

※出展:ミック経済研究所

「情報漏洩防止型セキュリティソリューションのユーザー導入実態調査【2016年度版】」

「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2017(統合ログ管理市場)」


インフォサイエンス株式会社について

======================================================

インフォサイエンスは1995年、企業向けにインターネットサーバの運用を受託することから事業を始め、現在では自社にてデータセンターを持ち、インターネット関連の事業も展開しています。また、自社開発製品の「Logstorage」は2002年の発売以来、多くの企業 に導入されています。

(リンク »)


【本件に関するお問い合わせ先】

インフォサイエンス株式会社 プロダクト事業部

TEL:03-5427-3503

Email:info@logstorage.com


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]