戦略的IT基盤として大分銀行がSalesforceを採用

株式会社セールスフォース・ドットコム 2019年04月09日

From PR TIMES

株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下:セールスフォース・ドットコム)は、株式会社大分銀行(本社:大分県大分市、頭取:後藤 富一郎、以下:大分銀行)がSalesforce Community CloudとSalesforce Lightning Platformを採用したことを発表いたしました。なお株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下:ISID)による支援のもと、本製品は導入されます。



また同行は日本システム技術株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長 執行役員 平林 武昭、以下:JAST)と同行が共同で開発した、Salesforce Lightning Platformを活用した地域金融機関向けアプリケーション「Cloud BankNeo 預り管理」*もあわせて採用しています。

人口減少や高齢化により、従来の店舗を起点としたサービスに加え、テクノロジーを利用した新しい金融サービスが顧客から求められています。そこで同行では、中期経営計画に「地域と共に価値を創造し、豊かな未来を切り拓く銀行」を掲げ、昨今の経営環境の変化に対応すべく取り組んでいます。

その取り組みを実現する、戦略的IT基盤として、今回Salesforceが採用されました。同行では、Salesforceを採用した理由として、システムの拡張が容易で、技術者でなくても業務内容に合わせて柔軟に設定変更が可能なこと、今後さらなる業務の効率化・ペーパーレス化を目指す上で、追加していきたい業務に係る機能の多くをSalesforce上で実装可能なことを挙げています。

大分銀行では、具体的に次のような用途でSalesforceを利用していきます。

オンラインサービスの強化
フリーローンの契約締結は従来窓口にて書面により行っていましたが、今回Community Cloudを利用したウェブサイトからの申込みとオンライン上でのプロセスで完結する仕組みも導入します。また、普通預金口座開設の申込みもウェブサイトからの申込みを可能にすることにより、インターネットを通じたお取引を好む顧客や、店舗へのご来店が難しい顧客の利便性向上を目指します。

「Cloud BankNeo 預り管理」で業務効率化を推進
大分銀行のリテール業務に従事する行員約1,300名が、Salesforce Lightning Platform上で構築された「Cloud BankNeo 預り管理」を利用して、顧客から預かった資産状況をリアルタイムで共有し、業務効率化とコスト削減を実現します。

顧客管理の強化
上記のオンラインサービスの強化に伴い、Salesforce Lightning Platformを用いて顧客管理業務を強化して、今後アウトバウンド業務(電話やメールで行う、顧客への営業活動)などを通じた、顧客へのサービス提案やフォローなどへの活用を目指します。
今後セールスフォース・ドットコムでは、大分銀行の顧客接点強化を支援するとともに、地域金融機関のデジタルトランスフォーメーションに貢献してまいります。

*「Cloud BankNeo 預り管理」について
「Cloud BankNeo 預り管理」は、セールスフォース・ドットコムの技術支援のもと、JASTが開発・提供するアプリケーションです。「Cloud BankNeo 預り管理」は、本日よりセールスフォース・ドットコムが展開する、企業向けアプリケーション市場である「AppExchange」でも公開・販売開始されており、他の地域金融機関でも利用が可能です。
*Salesforce Lightning Platformは旧Force.comを含む、Platform製品群の総称です。

###
[画像: (リンク ») ]

セールスフォース・ドットコムについて

CRMにおけるグローバルリーダーであるセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]