パイプドビッツとみずほ銀行が「職域営業支援ソリューション」を提供開始 ~ 職域営業推進に必要な運用ノウハウと私信メールで、非対面による効果的なフォロー活動を支援 ~

株式会社パイプドビッツ 2019年04月19日

From DreamNews


 株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、以下「パイプドビッツ」)は、金融機関向けの職域営業を支援する「職域営業支援ソリューション」を開発し、2019年4月19日より、株式会社みずほ銀行(東京都千代田区、取締役頭取 藤原弘治、以下「みずほ銀行」)と協同で、提供を開始しました。
 本ソリューションは、職域先の役職員限定Webサイトである職域サイトとメール配信を活用し、金融機関の職域営業を支援するソリューションです。具体的には職域先の役職員に対し、お伝えしたい情報を視認性の高い私信メールでお届けし、職域先限定の特典を職域サイトでいつでも閲覧できるようにすることで、利便性を高めます。また、みずほ銀行が職域サイトなどの運用ノウハウをコンサルティングすることで、効率的かつ効果的な職域営業活動を支援します。
 本ソリューションは先行して、豊田信用金庫(愛知県豊田市、理事長 黒田連、以下「とよしん」)に提供しています。

▼「職域営業支援ソリューション」
URL: (リンク »)

■ 背景
 近年、夫婦共働き世帯の増加による日中面談率の低下や若年層の来店率の低下を受けて、金融機関では職域営業を推進してきましたが、職域先オフィスのセキュリティの強化等により、「渉外担当者がオフィスに入れない」、「面談時間が短い」等、顧客接点の確保が難しいという課題や、接触機会が住宅ローン等のプロダクト購入時に限定されるため、ライフイベントを通じた職域先役職員への継続フォローが十分に行えないという課題を抱えています。
 そこで、パイプドビッツは情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」を活用して、非対面チャネルと対面チャネルを有機的に連携し、渉外担当者の業務負担を減らしながら、顧客との接点を創出し、継続的にフォローすることができる「職域営業支援ソリューション」を開発しました。
 本ソリューションは、パイプドビッツによるシステム提供だけでなく、みずほ銀行が自行の職域サイトで培った約6年分の運用ノウハウをコンサルティングサービスとして提供するため、職域サイトの運用経験がない金融機関はもちろん、すでに運用中の金融機関にもご利用いただけます。






■ 「職域営業支援ソリューション」の特長
(1)視認性の高い私信メールで効果的なコミュニケーション
 職域先の役職員のメールアドレスに対して、職域先の渉外担当者の名前を差し込んだ私信メールを一斉に配信することができます。One to Oneのようなメール文面を送ることで、視認性の向上と顧客関係性の向上が期待できます。また、渉外担当者は対面では難しい、多くの役職員との効率的なコミュニケーションが可能となります。

(2)職域サイトで24時間いつでも特典や優遇情報を確認
 役職員は24時間いつでもパソコンまたはスマートフォンから役職員限定の職域サイトにアクセスして、特典や優遇情報を確認することができます。また、渉外担当者のチラシの作成や配布にかかるコストと業務を削減することができます。

(3)マイページ型の職域サイトで一人ひとりに寄り添ったサービスを提供
 職域先ごとの企業IDでログインするサイトとは異なり、マイページ型の職域サイトは役職員ごとの個人IDでログインすることができます。そのため、一人ひとりに合わせた情報発信や双方向型のWeb相談を受け付けることができます。また、他の会員サービスと連携できるため、一人ひとりに寄り添ったサービスを継続的に拡張することができます。

(4)みずほ銀行が6年分の職域サイトの運用ノウハウを提供
 みずほ銀行がコンサルタントとなり、自行の職域サイトで培った約6年分の運用ノウハウを提供することができます。職域サイトの運用経験がない金融機関であっても、導入時のサイト構築、コンテンツの検討、運用開始後の効果測定や行内の管理業務までを実務経験に基づいてご支援することができます。

■ 今後の展望
 全国の信用金庫をはじめ、地方銀行を対象に120金融機関への導入を目指してまいります。
 Webアプリケーションの提供に強みを持つパイプドビッツの「スパイラル(R)」と、職域サイトの豊富な運用実績を持つみずほ銀行のコンサルティングサービスを掛け合わせることで、金融機関における非対面チャネルを活用した職域営業の推進と業務効率化を支援してまいります。




■ 株式会社パイプドビッツ 概要
 パイプドビッツは、「情報資産の銀行」を事業コンセプトに掲げ、情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」を通じて、金融機関のインターネットチャネルの強化を支援しております。
 「スパイラル(R)」は、口座開設、ローン受付、来店予約、セミナー受付、メール配信など、業務効率化を推進するアプリケーションの提供を通じて100以上の金融機関に導入されているクラウドサービスです。
URL: (リンク »)
[法人名]株式会社パイプドビッツ
[本部所在地]東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル
[代表者]代表取締役社長CEO 林 哲也
[業務内容]情報資産プラットフォーム事業、広告事業、ソリューション事業
[Webサイト] (リンク »)

■ 株式会社みずほ銀行様 概要
 みずほ銀行は、総合金融コンサルティンググループを目指し、インターネットやスマートフォンによるサービスの開発・レベルアップに努めるなど、「FinTech」も取り入れながら、次世代を見据えた取り組みを進めています。
[法人名]株式会社みずほ銀行
[本部所在地]東京都千代田区大手町1-5-5(大手町タワー)
[代表者]取締役頭取 藤原弘治
[業務内容]預金業務、貸出業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業務、内国為替業務、
外国為替業務、社債受託および登録業務、附帯業務
[Webサイト] (リンク »)

■ 豊田信用金庫様 概要
[法人名]豊田信用金庫
[本部所在地]愛知県豊田市元城町1丁目48番地
[代表者]理事長 黒田連
[業務内容]預金業務、融資業務、為替(内国・外国)業務、その他業務
[Webサイト] (リンク »)

■ 本件に関するお問い合わせ先
株式会社パイプドビッツ
金融・保険ソリューション第三事業部 濱田
TEL:03-5575-6601

■ 報道関係者様お問い合わせ先
パイプドHD株式会社  (リンク »)
広報部:久保、宮古
TEL:03-6744-8039 FAX:03-3585-0620
E-mail :pr@pipedohd.com

※「スパイラル」は株式会社パイプドビッツの登録商標です。
※内容は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]