トヨタ自動車、基幹システムとSalesforce次期営業活動支援システムを つなぐデータ連携基盤にDataSpider Cloudを採用

今後1年程度で全国280の販売会社に対し自動構築・運用・保守をテラスカイが対応

株式会社テラスカイ 2019年04月24日

株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下:テラスカイ)と、株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:内田 和弘、以下「セゾン情報システムズ」)は、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市 代表取締役社長:豊田 章男、以下 トヨタ)が、販売会社で使用されるSalesforce次期営業活動支援システムと基幹システムをつなぐデータ連携基盤として、「DataSpider Cloud」の採用を決定したことを発表します。2018年7月より7店でトライアル運用を開始、2019年4月より国内にある280のトヨタ販売会社での運用を開始しました。

現在トヨタでは基幹システムとSalesforce次期営業活動支援システムとを連携させ、取引毎バラバラに蓄積された顧客情報を一元化し新しい顧客価値の創出を行うと共に、セールス/サービス両スタッフの働き方をデジタル化する取組みを進めています。

テラスカイは、基幹システムとSalesforce次期営業活動支援システムをつなぐ連携基盤として、「DataSpider Cloud」とAWSを組み合わせ、規模の拡大・縮小を容易に対応できるクラウド型データ連携システムを提案しました。トヨタは、販売会社の大小によって、また現場改善の進度/深度により変化する連携度合に対応するため、柔軟でスケーラブルなクラウドサービスと、大量データを確実にサポート可能なAWSプラットフォームを評価。加えて、既存システムやオンプレミスでの新規構築と同等の初期/運用トータルコストで抑えられること、環境構築から運用、保守まで一貫した対応が可能であることを評価し、テラスカイの提案を採用しました

運用開始後には、全国の販売会社における安定的運用を確実にするため、テラスカイのクラウド専門のMSP子会社であるスカイ365とともに、運用・保守の支援を行う予定です。 

■トヨタ自動車株式会社 コーポレートIT部 部長 中野 巌 様
「このたびは、来たるモビリティ社会における『トヨタとお客様の関係づくり及び販売店の働き方改革』の中核となる次期営業活動支援システムの実現に向け、新たなデータ連携基盤構築を、クラウドの技術と知見に長けたテラスカイに委託いたしました。」

■トヨタ自動車株式会社 コーポレートIT部 室長 度会 裕志 様
「AWSとDataSpider Cloudの構築から運用・保守に至るまで一貫したサポートをお任せできるテラスカイを信頼し、今回指名させて頂きました。既に販売会社での運用は始まっており、お客様との長期的な関係性を築いていく為の本システムが真に活用され、これを安定的に支えていく基盤となる事を期待しています。」

■DataSpider Cloudについて
「DataSpider Cloud」は、豊富な導入実績を持つ国産データ連携ソフトウェアパッケージDataSpiderを開発・販売するセゾン情報システムズとクラウド型データ連携サービスSkyOnDemandの運用実績のあるテラスカイが共同開発した、クラウド型データインテグレーションサービスです。柔軟、安全、拡張性に優れたAWS上で稼働しており、使い勝手の良い国産の連携サービスとして評価されています。
WEBサイト: (リンク »)


*本文中に記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]