編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

A10、5Gにおける安全なアプリケーションサービスを実現する 100Gbps 対応NFVソリューションを提供開始

~ 5Gと NFV環境への移行を促進する 100Gbps対応Thunder CFW仮想アプライアンスを提供 ~

A10ネットワークス株式会社

2019-05-09 15:00

A10ネットワークス株式会社は、通信事業者の5G展開におけるNFV環境への移行を促進する、セキュリティプラットフォーム「A10 Thunder CFW(Convergent Firewall)」の100Gbps対応仮想アプライアンスモデルを日本市場にて提供開始することを発表します。
インテリジェントで自動化されたセキュリティソリューションを提供するA10ネットワークス株式会社 (リンク ») (本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)は、通信事業者の5G展開におけるNFV環境への移行を促進する、セキュリティプラットフォーム「A10 Thunder CFW(Convergent Firewall)」の100Gbps対応仮想アプライアンスモデルを日本市場にて提供開始することを発表します。

通信事業者による5Gの展開において、NFVによるネットワーク機能の統合は、多くの利点を提供します。NFVにより、総所有コスト(TCO)を削減しつつ、加入者の需要に応じた、サービス規模の拡大・縮小や、別の場所へのネットワーク機能の移動など、仮想インフラストラクチャを柔軟に整備できます。

A10のセキュリティプラットフォームA10 Thunder CFWに搭載された5G Gi-LANソリューションは、通信事業者のセキュリティを強化し、5G、IoT対応を支援します。5G Gi-LANソリューションは、モバイルコアの管理と防御のための包括的な機能と、5Gで必要となる大容量の性能要件を満たし、物理および仮想アプライアンスともに各国の大手通信事業者に採用されています(参考リリース (リンク ») )。このたび、A10 Thunder CFWの仮想アプラインスモデルにおいて、新たに100Gbps対応モデルを提供することで、通信事業者のアジャイルかつ拡張性の高いNFV基盤への移行を支援します。

通信事業者は、物理ネットワーク機能 (PNF) を維持しながらネットワークインフラの一部を仮想ネットワーク機能 (VNF) に移行しています。A10は、物理と仮想の両方でソリューションを提供しているため、同一インフラ内でPNFとVNFを容易に統合できます。また、主要なオーケストレーターと連携しており、物理と仮想の全体にわたる設定と管理も統合できます。

〇Thunder CFW仮想アプライアンスによる5G-GiLANソリューションの特長
• 高いパフォーマンス:
仮想アプライアンスで最大100 Gbpsのスループット性能をサポート。
• Gi LAN向け機能の集約:
Giファイアウォールや、キャリアグレードNAT (CGNAT)、アプリケーション可視化、インテリジェントなトラフィック制御などにより、Gi LANでの運用効率化とセキュリティを提供します。
• Application Visibility & Control機能:
DPI(Deep Packet Inspection)に基づくL7アプリケーションの可視化により、効果的なポリシー施行と制御を行い、法規制の順守とコンプライアンス強化を実現します。
• インテリジェントなトラフィック制御:
加入者情報に基づいたトラフィック制御により、新しい収益となり得る差別化されたサービスを提供できます。
• GTPファイアウォール機能:
SCTPフィルタリングを備えたGTP (GPRS Tunneling Protocol)ファイアウォールにより、アクセスネットワークやローミングパートナーから流入するGTP ベースの攻撃からGi LANを守ります。
• オーケストレーションと管理:
主要なオーケストレーターと連携することにより、A10のVNF、PNFを5G環境に適用しやすくします。
• SDN/NFVの採用加速:
PNF、VNF、コンテナ、ベアメタル等の多様な提供形態により、SDN/NFV環境においてオンデマンドでの容量提供を実現します。帯域幅を共有して利用できるサブスクリプション型のソフトウェアライセンスモデル「A10 FlexPool」に対応しており、柔軟な帯域幅ライセンスの配布を可能にしています。

■ A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について
A10 Networks(NYSE: ATEN)は常に信頼できるセキュリティ企業として、高性能なアプリケーションネットワーキングソリューション群を提供しています。お客様のデータセンターにおいて、アプリケーションとネットワークを高速化し可用性と安全性を確保しています。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界各国の拠点からお客様をサポートしています。

A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。
詳しくはホームページをご覧ください。
URL: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

A10 ロゴ、A10 Networks、A10 ThunderおよびThunderは、米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

A10ネットワークス株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]