RPAコラム「組織のあらゆるレベルのニーズに対応するコンテンツIQとは」

日商エレクトロニクス商社ERP/IT企業ERP by GRANDIT 2019年05月21日

日商エレクトロニクスは野田貴子氏のRPAコラム「組織のあらゆるレベルのニーズに対応するコンテンツIQとは」を公開しました。

###
コンテンツがすべてのビジネスプロセスや活動の中心であるとして、企業組織は非構造化コンテンツ(文書、電子メールコミュニケーション、画像、テキスト)に書かれている意味を解釈し、自由に扱うことができる技術を求めて限界を押し上げ続けています。コンテンツ内に閉じ込められているデータには、顧客サービスの向上、契約の増加、業務の強化、収益機会の見極めに不可欠な情報が含まれています。コンテンツの役割を理解することは、業務改善やユーザーの生産性向上と同じ様に重要です。

情報はモバイル端末、電子メール、スキャナ、FAXなどのさまざまな方法で受信されるため、どこから来た情報であるかに関わらず、そのコンテンツをプロセスやシステムに提供できる形の情報に変換する必要があります。これを達成するために、企業は紙の書類をデジタル化し、分類し、そしてデータを抽出するためにキャプチャ技術を使用してきました。通常これは中央に配置され、高度に訓練されたキャプチャの専門家によって管理されていました。しかし、企業がOCRや機械学習などのAI技術を消費利用する方法は急速に発展しています。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]