編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

テラスカイ、トランスコスモスと業務提携

カスタマー・エクスペリエンス向上を早期実現する体制を構築

株式会社テラスカイ

2020-02-03 15:15

株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下:テラスカイ)は、2020年1月よりトランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)とSalesforceの導入・構築支援において協業体制をとり、顧客企業のカスタマー・エクスペリエンス(CX)向上を両社で推進していくことを合意しました。

昨今、コンタクトセンターにおいてはCXの向上が重要視されているとともに、コンタクトセンターシステムのクラウド化や、bot、AIの導入など、新しいテクノロジーの活用が加速しています。このような背景において、スピーディな構築を実現し、最新テクノロジーの組み込みが容易なSalesforceによるコンタクトセンターシステムの構築ニーズが高まっています。

テラスカイとトランスコスモスは、このようなニーズに応えるため、Salesforceの販路拡大および、次世代コンタクトセンターの早期構築に向け、協業いたします。さらに、テラスカイが開発するOMLINE-I(オムリン アイ) *を、 LINEを活用した最適なオムニチャネルソリューションとして提案、導入を目指します。

このたびの協業により、一層の付加価値が高いコンタクトセンターソリューションを提供し、スピード感を持って最良のCXを提案・実現するとともに、顧客企業のデジタルトランスフォーメーション支援を一層加速していきます。

* OMLINE-I
「OMLINE-I」は、LINE公式アカウント(旧LINEカスタマーコネクト)とService Cloudを連携し、LINE経由の問い合わせと電話やSNSなど様々なチャネルの問い合わせを一元的に管理します。情報の集約と操作性の高いUIで、CS向上・コスト削減・顧客体験の最適化を実現します。 (リンク »)

<トランスコスモス株式会社について>
トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト最適化と売上拡大の両面から支援するサービスを、アジアを中心に世界30の国と地域・168の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界48の国と地域の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは事業環境の変化に対応し、デジタル技術の活用でお客様企業の変革を支援する「Global Digital Transformation Partner」を目指しています。
(リンク »)

<株式会社テラスカイについて>
テラスカイは、クラウド創成期からクラウドに取り組んできたリーディングカンパニーです。2006 年の設立以来、クラウド時代の到来を一早く捉え、セールスフォース・ドットコムのコンサルティングパートナーとして、導入・普及に取り組んできました。導入実績は金融、保険業界をはじめ医療、サービスなど業界を問わず 4,000 件を超え、日本のコンサルティングパートナーではトップクラスの導入実績数を誇っています。また、多くの実績から得られた知見を基に、開発効率を飛躍的に改善するクラウドサービスの開発・提供を行っています。

所在地:東京都中央区日本橋 2-11-2 太陽生命日本橋ビル 16 階
設 立:2006 年 3 月
資本金:11億4,211万円(2019年11月末時点)
代表者:代表取締役社長 佐藤 秀哉
U R L: (リンク »)
東証一部市場 証券コード:3915
※ 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]