編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

A10、サービス事業者向けに180Gpsの性能を備えた コンテナ型セキュリティプラットフォームを提供開始

クラウドネイティブ環境への移行と5Gネットワーク要件に対応

A10ネットワークス株式会社

2020-02-13 12:00

A10ネットワークスは、サービス事業者向けの5G対応製品群「A10 Orion 5G Security Suite」のひとつとして、最大180Gbpsのスループットに対応したセキュリティプラットフォームA10 Thunder CFWのコンテナ版「A10 Thunder CFW Container」を、2020年3月までに日本市場で提供開始することを発表します。
インテリジェントで自動化されたセキュリティソリューションを提供するA10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)は、サービス事業者向けの5G対応製品群「A10 Orion 5G Security Suite」のひとつとして、
最大180Gbpsのスループットに対応したセキュリティプラットフォームA10 Thunder(R)CFWのコンテナ版「A10 Thunder CFW Container」を、2020年3月までに日本市場で提供開始することを発表します。
A10 Thunder CFW Containerの強化は、5G対応を進めた最新の独自OS「ACOS(R)5.1」によるものです。ACOS 5.1によりA10 Thunder CFWは、物理・仮想アプライアンスにおける既存機能および、高い性能や拡張性を備えたコンテナ型ファイアウォールに対応し、サービス事業者のクラウドネイティブ環境への移行と5Gネットワーク要件への対応を支援します。

新しいA10 Thunder CFW Containerによるコンテナ型のファイアウォールは、米国で開催されたKubeCon + CloudNativeCon における、Linux Foundationによるエンドツーエンドのクラウドネイティブ5Gネットワークの概念実証(PoC)のデモ (リンク ») のひとつとして活用されています(詳細リリース (リンク ») )。このPoC は、コンテナ化されたエンドツーエンドの5Gノンスタンドアローン (NSA; Non-Stand-Alone) 分散クラウドネットワークであり、世界のモバイルオペレーターネットワークにおける商用展開の基準となるものです。

A10 Thunder CFWには、物理ネットワーク機能から完全なクラウドネイティブな基盤への移行をサポートし、5Gネットワークのセキュリティ、信頼性、可用性を確保するための機能が含まれています。モバイルネットワークのSGi、ローミング、無線アクセスネットワーク (RAN; Radio Access Network) の各インターフェイスに広く導入できます。Ericsson Cloud ManagerやNetcracker Hybrid Operations Management、Red Hat OpenStackなどの主要なNFV-MANOソリューションとの連携が検証済みであり、エンドツーエンドのVNFライフサイクル運用機能がETSI NFVプラグテストで評価されています。

■その他のACOS 5.1によるA10 Thunder CFWの新機能
・RANコアバックホールと認証済みRANノードを保護するセキュリティゲートウェイ (IPsec)
・ローミングセキュリティにおける、直近のGSMAガイドラインに準拠したGTPファイアウォールの機能拡張
・DNS over HTTPSの対応
・DNSアプリケーションファイアウォール
・コアネットワーク内のトラフィック負荷を効率的に分散する、GTP Directorによるインテリジェントなトラフィックステアリングの提供
・URL/SNI/ドメイン名フィルタリングを含む、キャリアクラスのファイアウォール機能拡張
・A10 One-DDoS Protectionの分散型検知機能による大規模DDoS脅威からの保護
・高密度で設置面積の小さいNFV (ネットワーク機能仮想化) やオーケストレーションシステム連携が必要なモバイルエッジコンピューティング環境への展開を見据えた「MECレディ」機能
・仮想シャーシで3Tbps、クラウドネイティブソリューションで1.5Tbpsの性能を発揮する独自のスケールアウトアーキテクチャ
・集中管理と可視化により環境全体での一貫した運用とセキュリティを実現するA10 Harmony® Controller

A10は、高性能なA10 Thunder CFW Containerに加え、新しい物理アプライアンスとして、コンパクトなラックサイズで最大385Gbpsのスループット性能を備えた「A10 Thunder CFW 7600シリーズ」もあわせて提供開始します。

■リリース時期
ACOS 5.1を搭載したA10 Thunder CFW Containerは2020年3月までに日本市場で提供開始予定です。A10 Thunder CFW 7600シリーズは、本日より提供開始します。

■関連ブログ
マイクロサービスに対応し業界最高スループットを実現するコンテナ型セキュリティソリューションA10 Thunder CFW Container (リンク »)


●A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について
A10 Networks(NYSE: ATEN)は、サービス事業者やクラウド事業者および企業で利用される5Gネットワークやマルチクラウドアプリケーションのセキュリティを確保します。高度な分析や機械学習、インテリジェントな自動化機能により、ミッションクリティカルなアプリケーションを保護し、信頼性と可用性を担保します。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界117か国のお客様にサービスを提供しています。
A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。
詳しくはホームページをご覧ください。
URL: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

A10 ロゴ、A10 Networks、A10 Thunder、ACOSおよびHarmony Controllerは米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

A10ネットワークス株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]