編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

テラデータ、企業のAI人材不足の解消に貢献する「データサイエンス基礎ハンズオントレーニング」を東京、名古屋、大阪、福岡で開催

日本テラデータ株式会社

From: PR TIMES

2020-02-18 15:05

データエンジニア、ビジネスアナリストを対象に、アナリティクスを駆使して高いビジネス成果を生み出すためのテクニックを学習できる実機を使った実践的なトレーニングを提供

東京発 – 2020年2月18日 データ・アナリティクス・ソフトウェアのリーディング・プロバイダーであるテラデータ・コーポレーションの日本法人 日本テラデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 倫二、以下、日本テラデータ)は、データエンジニア及びビジネスアナリストを対象に、日本テラデータのデータサイエンティストがその最先端のスキルやアイディアを共有することで、AIや機械学習など高度アナリティクスを活用したビジネス課題の解決アプローチ方法への理解を深め、先進的なデータ分析を体験および学習できる実践的なトレーニングプログラム「データサイエンス基礎ハンズオントレーニング」を東京、名古屋、大阪、福岡の4都市で開催することを発表します。

多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいる中、データサイエンティストによる先進的なデータ分析によるビジネス成果獲得への期待がありつつ、データサイエンティストの人材不足の問題に悩まされています。一方で、ビジネスユーザーがセルフサービスで行うデータ分析で、高度なアナリティクスやデータの可視化などを行うには、そのスキルに大きなギャップが存在しています。

日本テラデータはこれらの課題を解決するために本当に必要なことは「分析の民主化」であり、データエンジニアやビジネスアナリストが、データサイエンティストの専門的な知識が必要だった先進的なデータ分析を広範囲に活用出来るようにすることであると考えています。この考えのもと、昨年2019年7月にデータエンジニア及びビジネスアナリストを対象としたトレーニングプログラムを東京にて初開催、多くの参加者から高い評価をいただきました。今回、追加開催を望む声の高まりを背景に、同プログラムを東京、そして名古屋、大阪、福岡を加えた4都市で開催することを決定致しました。

◆データサイエンス基礎ハンズオントレーニング開催概要
主 催: 日本テラデータ株式会社
参加費: 無償(事前登録制)
講 師: 日本テラデータ Analytics Team
日程 および 会場:
東京:  2020年3月 3日(火) 日本テラデータ株式会社本社
名古屋: 2020年6月16日(火) JPタワー名古屋 ホール&カンファレンス
大阪: 2020年6月23日(火) ハービスPLAZA5階貸会議室
福岡: 2020年6月25日(木) JR博多シティ会議室

内 容:
データエンジニアやビジネスアナリストに向けたビジネス成果を実現するための分析シナリオで、顧客行動の経路分析 、アトリビューション分析、4次元分析などの演習を行います。演習環境には、Amazon Web Services上に展開したテラデータのデータ・アナリティクス基盤ソフトウェア「Teradata Vantage」を用いる予定です。

なお、東京会場については、5月、9月、11月にも同トレーニングを開催予定です。 詳細は、弊社Webサイト( (リンク ») )でご確認ください。

◆日本テラデータ Analytics Teamについて
テラデータは、データ・アナリティクスを日々のビジネスオペレーションで活用することで、価値が生まれると考えます。テラデータのAnalytics Teamは、高品質なデータの準備から高度な分析、その分かりやすい可視化、そして実ビジネスへの実装を一気通貫で提供することにより、お客様のビジネス課題を解決するために最適なデータサイエンスのソリューションを実現します。本チームでは、AIや機械学習、統計を含む高度なアナリティクスを駆使しモデルを構築するだけでなく、分析結果を左右するデータ品質にも踏み込み、最適なデータレイクやデータフレームワークを準備します。さらに、分析結果のビジュアル化を行い、ビジネスユーザーがデータから様々なインサイトを獲得することを支援します。そして、実際にモデルをビジネスに適用し、日々改善していくサイクルを支援します。

◆テラデータについて
テラデータは、クラウド・アナリティクス・ソフトウェアのリーディング・プロバイダーです。データの力でビジネスや人々の生活をより良くします。
テラデータは、すべてのデータを大規模に活用して、リアルタイムにインテリジェンスを見つけ出します。また、アナリティクスを実現する際の課題となる、複雑性、コスト、リソース不足などを克服し、お客様の最も困難なビジネス課題に価値ある「答え」を導き出します。この世界を、「パーベイシブ・データ・インテリジェンス」と定義し、実現していきます。詳細はteradata.jp をご覧ください。

# # #

Teradataのロゴは、米国テラデータ・コーポレーションの商標です。Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションまたは関連会社の米国およびその他各国における登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本テラデータ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]