編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

クララオンライン、Nutanix上のAHV基盤の負荷分散にA10の仮想アプライアンスを導入

~ Nutanix AHVを公式サポートするA10 vThunder ADCにより、ITインフラを仮想環境に統合 ~

A10ネットワークス株式会社

2020-03-03 12:00

A10は、クララオンラインが、同社のNutanixをベースにした次世代エンタープライズ向けクラウドサービス「CLARIS」の負荷分散サービスとして、A10の仮想アプライアンス「A10 vThunder ADC」を導入したことを発表します。
A10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)は、株式会社クララオンライン(本社:東京都港区、代表取締役社長:家本 賢太郎、以下、クララオンライン)が、同社のNutanixをベースにした次世代エンタープライズ向けクラウドサービス「CLARIS」の負荷分散サービスとして、A10の仮想アプライアンス「A10 vThunder ADC」を導入したことを発表します。

■導入背景
クララオンラインは、インターネット黎明期に開始したサーバーホスティングサービスを中心に、日本や中国、アジア各地でクラウドサービスや運用・コンサルティングサービスを展開しています。同社は2018年、事業の中核となるホスティングサービスの拡張性や運用効率を向上すべく、仮想サーバーを従来の3Tier構成からNutanixのハイパーコンバージドインフラ(HCI)基盤に刷新し、初期費用を必要としない次世代エンタープライズ向けのHCI as a ServiceであるCLARISを提供開始しました。

クララオンラインは、ホスティングサービスの更なる変革のため、長年物理アプライアンスで運用し、複雑化していた負荷分散をはじめとするネットワーク基盤を仮想アプライアンスに移行し、インフラ全体を仮想環境で統合することを決定しました。そのためには、ネットワーク基盤もHCIのハイパーバイザー上で構築する必要がありました。

クララオンラインは、NutanixのハイパーバイザーであるAHV上での動作保障がされ、物理アプライアンスと同様の機能が使用できることを理由に、A10の仮想ADC(アプリケーション・デリバリー・コントローラー)であるA10 vThunder ADCを、CLARISの負荷分散およびSSLオフロード処理のために採用しました。
 
■導入効果
同社は、2019年12月にCLARISのHCI基盤上にA10 vThunder ADCを実装し、負荷分散およびSSLオフロード処理により仮想マシンのパフォーマンスを強化しました。物理アプライアンスの調達と比べて約4分の1に実装期間を短縮し、インフラ全体を仮想化したことで、シンプルな運用体制および変革を推進しやすい柔軟な環境を構築しています。

また、A10 vThunder ADCが搭載する独自OSのソフトウェアアーキテクチャにより、Nutanixの汎用CPUにおいても、実運用でも充分な負荷分散およびSSLオフロード処理のパフォーマンスを実現しています。

■今後の展開
今後クララオンラインは、帯域幅を複数インスタンスに払い出せるサブスクリプションライセンス「A10 FlexPool®」によりホスティングサービスだけではなく、全社のインフラ基盤全体へと、A10 vThunder ADCの活用範囲を拡げることを計画しています。

・クララオンラインのA10 vThunder ADC導入の詳細
(リンク »)


●A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について
A10 Networks(NYSE: ATEN)は、サービス事業者やクラウド事業者および企業で利用される5Gネットワークやマルチクラウドアプリケーションのセキュリティを確保します。高度な分析や機械学習、インテリジェントな自動化機能により、ミッションクリティカルなアプリケーションを保護し、信頼性と可用性を担保します。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界117か国のお客様にサービスを提供しています。

A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。
詳しくはホームページをご覧ください。
URL: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

●株式会社クララオンラインについてについて
クララオンライングループは、国境と概念の2つのボーダーの架け橋(クロスボーダー)となることを目指し、日本・中国・シンガポール・台湾・韓国の5つの国と地域でクラウドサービス・コンサルティングサービスを展開しています。 (リンク »)

※A10 ロゴ、A10 NetworksおよびFlexPoolは米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。
※その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

A10ネットワークス株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]