編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

国内唯一、メインフレームにおける入力業務の省力化・標準化を実現するA-DATAdrift V1.1.0をリリース

株式会社ユニリタ

From: valuepress

2020-03-30 15:00

株式会社ユニリタ(東証JASDAQ:3800、以下 ユニリタ)は、メインフレーム向け製品の「A-DATAdrift V1.1.0」をリリースしました。

 株式会社ユニリタ(東証JASDAQ:3800、以下 ユニリタ)は、メインフレーム向け製品の「A-DATAdrift V1.1.0」をリリースしました。


 メインフレームの環境下でアプリケーションシステムが処理する入力データ管理に特化した「A-DATAdrift」は、現在同機能における国内唯一の製品であり、入力業務の省力化、標準化を図り、入力作業全般の安定稼動を支えています。

 「A-DATAdrift V1.1.0」はIBM社メインフレームで使用されているCPU内部キャッシュデザインに対応した製品であり、メインフレームの持つパフォーマンスを享受しつつ、既にリリースされているメインフレームのジョブ運用管理のデファクトスタンダードである「A-AUTO V6.1.0」との連携対応を行っています。


 今後もメインフレームにおける基幹システムの入力データ管理を担う製品として、お客様の幅広い入力業務を支えてまいります。

以 上


【株式会社ユニリタについて】  (リンク »)

ユニリタの強みは、IT領域における「情報活用」「プロセス、運用」「クラウド・プラットフォームの活用」。これらの力を活かし、デジタル社会でのビジネス貢献と業務効率化や生産性向上を実現するための製品とサービスを提供しています。そして、新たな事業分野として、「働き方改革」「地方創生」「一次産業活性化」などの社会課題をデジタル技術で解決すべく業界SaaS事業の取り組みを積極化し、事業の拡大を図っています。


主なメインフレーム向け製品:

・ジョブ運用管理「A-AUTO」

(リンク »)

・帳票出力管理「A-SPOOL」

(リンク »)

・シスログ/ジョブログ管理「A-LOG」

(リンク »)


※ 記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標または登録商標です。

※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。


【製品・サービス内容に関するお問い合わせ先】

株式会社ユニリタ エンタープライズビジネス本部 メインフレーム事業部

TEL: 03-5463-6384

E-mail:support@unirita.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]