テラスカイ、Twilioで在宅コールセンターを構築し運用開始

テレワーク決定から5営業日で稼働、最短構築のノウハウを共有

株式会社テラスカイ

2020-04-09 14:15

株式会社テラスカイ(東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下テラスカイ)は、全社テレワークの実施に伴い、クラウド型のコミュニケーション・ソリューションであるTwilioを利用した在宅コールセンターを立ち上げ、4月6日より運用を開始しました。Twilioでの構築により、複数オペレーターの職場環境をオフィスから在宅へと、スピーディな切り替えを実現しました。

テラスカイでは、福岡支店内にインサイドセールス部門があり、インサイドセールス及びアウトバウンドコールを行っています。今回の在宅コールセンター立ち上げのタイミングで、通常の業務の継続に加えて、本社を含む5拠点全ての代表電話を複数の在宅オペレーターが応答する仕組みを構築しました。

Twilioは、世界16万社が採用する、クラウドコミュニケーションプラットフォームを提供しています。テラスカイはTwilioが日本法人を立ち上げた2019年8月にゴールド・SIパートナー契約を締結しました。2020年3月には再販売契約も締結完了しました。

■Twilioで在宅コールセンターを立ち上げる利点

・クラウドシステムであるためハードの調達が不要で、計画からわずかな期間で運用をスタートできる
・初期費用不要、且つ従量課金であるため、初期費用・運用費用が抑えられる*1
・API機能が充実しているため他システムとの連携が容易であり、自社で利用しているCRMなどのシステムを組み込んで、ビジネス要件に合わせた運用を開始できる
・問合せシステムとしてノンボイスのチャネル(SMS、メール、チャットシステムなど)を追加し、オムニチャネル化への展開が可能

テラスカイでは、4月1日から全社員テレワークを開始しています。テレワーク開始に伴い、代表電話をIVR*2にすることも検討しましたが、代表電話という性質上、対人応答によるきめ細やかな対応が望ましく、代替する手段として、Twilioによる在宅コールセンターシステムの早期構築を目指しました。

*1構築を自社で実施する場合
*2コンピューターによる音声自動応答システム


Twilio社共催『在宅コールセンター短期構築 実践セミナー』を開催します
今回、テラスカイが自社で在宅コールセンターを構築したノウハウを共有するセミナーを開催します。最短3日で構築できる、Twilio在宅コールセンターについてお伝えします。

日時:2020年4月17日(金)14:00-15:00
開催方法:オンライン
お申し込み・詳細: (リンク »)

<Twilioについて>
Twilioは電話やテキストメッセージ、FAX、Eメール、チャット、ビデオ通話など、さまざまな通信手段をAPI経由で利用できるクラウドコミュニケーションプラットフォームを提供しています。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]