編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

SAP、ガートナー社のマジッククアドラントで 販売実績管理(SPM)分野のリーダーに7年連続で認定

SAP Customer Experience

2020-03-17 00:00

SAP SE(NYSE:SAP)は、ガートナー社のマジッククアドラントで販売実績管理(Sales Performance Management: SPM)分野のリーダーに7年連続で認定されたことを発表しました。
ガートナー社は最新のレポートで、SAP® Sales Cloudソリューションを含む、SPMベンダー10社の製品を評価しました。

SAPのSPMソフトウェアはSaaSのみのデプロイ形式で、インセンティブ報酬管理(ICM)、テリトリーおよび見積もり管理などSPMのコア機能をすべて提供します。このSPMサービスは、セールスフォースオートメーションとSAP CPQソリューションとともにSAP Sales Cloudポートフォリオを構成しています。

SAP Sales Cloudには以下のような成功事例があります。

・Lenovo社では、ノルマ設定の所要時間が1カ月から1週間に短縮されました。
・Docker社では、支払報酬プランの正確さが95パーセント上昇し、紛争がほぼなくなりました。
・Pivotal Software社では、報酬の不正確さが72パーセント減少しました。

SAP® Customer Experienceの最高売上責任者で共同ヘッドを務めるポーラ・ハンセン(Paula Hansen)は次のように述べています。「競争の激しい業界で企業が急速な成長を実現するには、強気な目標を設定することが必須です。しかし、実際には、多くの企業が売上目標を達成していません。多くの場合、ノルマ達成率は50~60パーセントです。SAPのSPMソリューションでは、機械学習を利用したアナリティクスで業務効率およびプランニング効果を高めることができます。これは、営業担当者の収益性を高める仕組みを作るのに役立ちます」

SAP Sales Cloudソリューションは、SAP® Marketing Cloud、SAP® Commerce Cloud、SAP® Service Cloud、およびSAP Customer Data Cloudソリューションとともに、より広範なSAP Customer Experienceポートフォリオを構成する一部です。

SAPは、CPQアプリケーションスイート分野およびセールスフォースオートメーション分野のリーダーにも認定されました。

詳しくは、販売実績管理分野を詳細に分析したガートナー社のレポートは以下から無料でダウンロードしていただけます。 (リンク »)

(本リリースは、2月26日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]