編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

コネクテッドカー、IoT機器向けセキュリティソリューション Karamba XGuard2.0 ハイパーバイザーおよびコンテナアプリケーションに対応

~ ドメインコントローラーからコンテナまでに渡って保護 ~

株式会社アズジェント

2020-04-22 09:00

アズジェントの販売するXGuardがバージョンアップし、新たにハイパーバイザーならびにコンテナ(Dockerなど)アプリケーションに対応しました。これにより、ドメインコントローラーを含んだハイパーバイザーインフラストラクチャ全体の保護が可能になりました。
ネットワークセキュリティソリューションの提供を主業務とする株式会社アズジェント(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:杉本隆洋、JASDAQ:4288、以下、アズジェント)の販売するKaramba Security(カランバセキュリティ CEO & Co-founder:Ami Dotan 所在地:イスラエル 以下、Karamba)社のXGuardがバージョンアップし、新たにハイパーバイザーならびにコンテナ(Dockerなど)アプリケーションに対応しました。これにより、ドメインコントローラーを含んだハイパーバイザーインフラストラクチャ全体の保護が可能になりました。

【ドメインコントローラーの保護】
オートモーティブ、エンタープライズエッジ、5GテレコムデバイスなどのIoTは、ドメインコントローラアーキテクチャを用いて、ハードウェアとソフトウエアが分離しつつあります。ドメイン内のデータ転送や処理を行うマルチドメインコントローラは非常に多くの機能を処理するとともに、共有ハードウェア上でミッションクリティカルアプリケーションと他のゲストアプリケーションが接続されていることから、ハッカーの主要なターゲットとなります。

【XGuard2.0】
XGuardは、コネクテッドカーやIoTエッジデバイスへのサイバー攻撃を防ぐオートノマスセキュリティ製品です。今回、新たにハイパーバイザーに対応することで、ハイパーバイザー上で実行されるドメインコントローラーを保護することが可能になりました。XGuardのCFI(コントロールフローインテグリティ)とバイナリホワイトリストをハイパーバイザーに追加することで、ゲストアプリケーションとホスト間、ゲストアプリケーション間の通信を保護します。また、さまざまなLinuxベースのコンテナ内のアプリケーションもサポートしました。これにより、XGuardはホスト、コンテナインフラストラクチャ、ゲストアプリケーションなどハイパーバイザーインフラストラクチャ全体の保護をすることができ、かつそれらがシームレスに追加されるため、開発者の手を煩わす必要もありません。
Karambaの共同設立者で CEOであるAmi Dotan氏は、XGuard2.0のリリースに際し、次のとおりコメントしています。「私たちは、お客様のロードマップにあるマルチドメインエッジおよびIoTデバイスなどの次世代アーキテクチャをシームレスかつセキュアにできることを嬉しく思っています。現在、100万以上のデバイスへの製品化、オートモーティブ、IoT、エッジデバイス分野において50以上のプロジェクトが完了しています。さまざまな業界でエッジデバイス上の仮想化アーキテクチャをセキュアにするニーズが高まっており、私たちのアーキテクチャでるランタイムインテグリティを実現できることを誇りに思っています。」

【PikeOSへの対応】
また、KarambaはSYSGO社のリアルタイムOSであるPikeOSへのアウトオブザボックスインテグレーションも発表しています。 PikeOSのお客様は、オプション機能を選択することにより、インメモリ攻撃からアプリケーションを防御できるようになりました。
Automotive SYSGOのVPであるJose Almeida氏は、「XGuard 2.0でKaramba Securityと提携できることを嬉しく思います。 自動車のサイバーセキュリティに関して言えば、PikeOSはEAL3+ CC認定を受けたリーディングハイパーバイザーです。Karambaの数々の賞を受賞したXGuardをPikeOSのエンベデッドオプション機能として提供することにより、開発者は、高度なドメインコントローラーの開発プロセスに最先端のエンベデッドサイバーセキュリティを追加し、シームレスにインテグレーションできます。」

Karamba社発表資料
(リンク »)


【Karamba Security】
Karamba Securityは、コネクテッドデバイス向けに業界トップクラスの組み込みサイバーセキュリティソリューションを提供するエンベデッドセキュリティ大手メーカーです。オートモーティブ、インダストリー4.0、エンタープライズエッジ、IIoT(Industrial IoT) のメーカーは、Karambaの製品とサービスを用いて、RCE(リモートコードエグゼクショナル)やコマンドインジェクションからコネクテッドデバイスをシームレスに保護しています。Fortune100社、自動車OEM、Tier-1を含む50以上の企業がKarambaのソリューションを採用もしくは検討を行っており、コネクテッドデバイス・メーカーは、サイバー脅威から顧客を保護し、数々の受賞歴を持つKarambaのソリューションに信頼をおいています。
www.karambasecurity.com


【お問い合わせ先】
株式会社アズジェント
〒104-0044 東京都中央区明石町6-4
TEL:03-6853-7402 FAX:03-6853-7412 E-mail:info@asgent.co.jp
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]