アズジェント、クライアント端末向けハイパーバイザー--PC内部でネットワーク分離

藤代格 (編集部)

2020-05-14 07:15

 セキュリティベンダーのアズジェント(中央区)は5月13日、クライアントPC向けハイパーバイザー「Hysolate」を発表した。同じクライアントPCの中でネットワークを分離可能であり、Windows 7/10(64ビット)とLinuxを同時に稼働させられる。5月18日から販売する。

 社内ネットワークなどに接続する“内部OS”、インターネットを活用するウェブ、メール、サイトなどに接続する“外部OS”を1つの画面で並行して実行可能。

杉本隆洋氏
杉本隆洋氏

 クライアントOSを使い分け、テレワークなど社外でも社内ネットワークのセキュリティレベルを維持できるという。アズジェントで代表取締役社長を務める杉本隆洋氏は、「同じOSを使う感覚で、クリーンとダーティなエリアに環境を分離して活用できる。自宅からのアクセスでも社内セキュリティを担保できる」と説明。お互いのOSを完全に独立する“ロックダウン”状態にし、万が一外部OSにマルウェアが侵入しても内部OSは保護され、社内ネットワークが侵害されないという。

活用イメージ(出典:アズジェント) 活用イメージ(出典:アズジェント)
※クリックすると拡大画像が見られます

 OS間での文字、ファイルのコピーは制御できる。ひとつのOS認証で複数OSにシングルサインオン(SSO)できるほか、内部OSからダーティ環境にアクセスする場合、外部OSへ自動的にリダイレクト。画面切り替えなどの作業の煩雑さがなく、利便性と操作性が高いとしている。

 ハイパーバイザーはクライアント端末のベアメタル上に組み込むため、端末のハードウェアリソースで処理が完結。端末のハードウェアベンダーから提供されているドライバーはほぼ制限なく対応できるという。サーバーに負荷をかけて接続負荷、遅延などが発生しやすい仮想デスクトップ基盤(VDI)と比べ、快適に活用できるとしている。 

構成イメージ(出典:アズジェント) 構成イメージ(出典:アズジェント)
※クリックすると拡大画像が見られます

 各PC端末のポリシーはマネジメントサーバーで管理。端末ごとにアクセスポリシーを設定できるほか、定期的に配信するためオフラインでも状態が維持できるという。

 1000ユーザーの場合の税別参考価格は、1端末あたり3万7000円から。想定導入例としてテレワークのほか、自治体での活用を挙げている。

自治体での活用イメージ(出典:アズジェント) 自治体での活用イメージ(出典:アズジェント)
※クリックすると拡大画像が見られます

 開発は、アズジェントが間接投資するイスラエルのスタートアップ企業Hysolate。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]