編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

クライアント仮想化市場、4.2%成長--SD-WANや5GでDaaS普及が促進

藤代格 (編集部)

2019-06-18 07:15

 IDC Japanは6月17日、国内のクライアント仮想化関連市場予測を発表した。2018~2023年の年平均成長率(Compound Annual Growth Rate:CAGR)は4.2%。インテリジェントワークスペースの進化、法規制とガイドラインによるIT投資拡大に加え、「Windows 7」「Windows Server 2008」といったOSサポート終了(End Of Support:EOS)に伴うVDI(Virtual Desktop Infrastructure)とSBC(Server Based Computing)などのリモート接続サービスの需要拡大を要因に、2023年には8858億円まで拡大するという。

 2019年を、アナリティクス、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)などの人工知能(AI)技術、チャットやメッセンジャー、次世代セキュリティーやクラウドサービスなどの実装、連携が進む“デジタルワークスペースがインテリジェントワークスペースへと進化、深化する年”と表現。多くのユーザー企業がVDI環境での生体認証、電子サイン、音声や動画などを活用する、実用段階にあるという。

 特に仮想デスクトップサービス(DaaS)事業者にとっては、本格的に実用化されるSD-WAN(Software-Defined Wide Area Network)、2019年にパイロットサービスが予定される5Gなど、ネットワーク環境の進化が促進要因になるとしている。

 市場拡大に伴い、2023年のクライアント仮想化利用ユーザー数は772万人へと拡大。産業分野別でみた最多は2018年で先進的IT投資が最も進んでいる金融業で、2023年に139万人まで拡大するという。

 次いで利用率が高い業種は、官庁や自治体、教育と製造。クライアント仮想化の実装が進むとしている。

 DaaSの2018~2023年におけるCAGRは7.3%。2018年ではプライベートクラウド市場が636億円と最も大きく、2023年には874億円まで拡大するという。

 エンタープライズクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドなど、展開サービスの多様化が進むという。CAGRが最も高い市場はパブリッククラウドで、25.8%で推移するとしている。

 IDC JapanでPC、携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストを務める渋谷寛氏は「2019年は、デジタルワークスペースが進化し、インテリジェントワークスペースへ発展する。セキュリティや認証系のクラウドサービス、ストレージサービスなどの新技術を見極めつつ、自社エンドポイント環境への融合が求められている」とコメントしている。

国内クライアント仮想化ソリューション市場予測、2018~2023年(出典:IDC Japan)
国内クライアント仮想化ソリューション市場予測、2018~2023年(出典:IDC Japan)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]