編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

サテライトオフィス、新型コロナウイルス対策支援で 社内メンバーの体温&体調確認機能を無償提供

サービス名:サテライトオフィス・メンバー体温&体調確認機能

株式会社サテライトオフィス

2020-04-28 11:47

クラウド環境、サテライト環境でのビジネス支援に特化したインターネットシステムソリューションベンダーである株式会社サテライトオフィス(本社:東京都江東区、代表取締役社長:原口豊、 (リンク ») )は新型コロナウイルス対策支援として、社員、チームメンバーの毎日の体温・倦怠感・味覚障害を確認するシステムを無償で提供開始したことを発表します。

  サービス名:サテライトオフィス・メンバー体温&体調確認機能

「サテライトオフィス・メンバー体温&体調確認機能」は、新型コロナウイルス対策支援の一環として開発しました。社員やチームメンバーは、スマートフォンのアンケートで、体温に加え、倦怠感、味覚障害の有無の回答を簡単に登録可能です。新型コロナウイルスの市中感染が広がっていることを背景に、企業にとって、社員の健康状態を迅速に把握することが急務となっています。「サテライトオフィス・メンバー体温&体調確認機能」を利用することで、管理者は社員/チームメンバー全員の毎日の健康状態をGoogle スプレッドシート の一覧表にて把握することが可能となります。


サテライトオフィス・メンバー体温&体調確認機能 の主な特長は下記の通りです。
●社員やチームメンバーは、スマートフォンのアンケートで、体温のほか、倦怠感、味覚障害の有無の回答を簡単に登録可能
●登録されたデータはGoogle スプレッドシート に保存(日付毎にシート分け)
●G Suite 使っていない方でも @gmail.com アカウントで利用可能
●37.5度以上、倦怠感あり、味覚障害あり の場合は、条件付書式で色が変わる仕様(各社で自
由に変更可能) ●部署一覧などの設定も、Google スプレッドシート上で簡単に変更可能


<サテライトオフィス・メンバー体温&体調確認機能 に関するURL>
(リンク »)

< 株式会社サテライトオフィスまたはサテライトオフィスグループ に関するURL>
株式会社サテライトオフィス (リンク »)
株式会社ネクストセット (リンク »)


<株式会社サテライトオフィス 会社概要>
◆社名 : 株式会社サテライトオフィス
◆URL : (リンク »)
◆資本金:7,000万円
◆代表者名: 代表取締役社長 原口 豊
◆社員数 : 140名(海外子会社社員も含む)
◆所在地 :〒135-0016 東京都江東区東陽4-10-4 東陽町SHビル5F
◆業務内容
株式会社サテライトオフィスは、クラウド環境またはサテライト環境でのビジネス支援に特化したインターネットシステムソリューションベンダーです。あらゆるビジネスモデルに最適なソリューションパッケージにより、ユーザーの立場に立った戦略の企画・提案を行っています。2008年に Google Cloud Partner として、Google に認定された技術をもって、よりユーザー満足度を追求した製品開発・サービス提供を開始。また、「サテライトオフィス・プロジェクト」というプロジェクト体制のもと、G Suite やOffice365、LINE WORKS 、Workplace by Facebook 、Dropbox Business を使った社内情報システムの導入支援サービス、クラウドコンピューティングのビジネスの可能性を追求しています。
----------------------------------------------------------------------
<サービスまたはリリースに関するお問い合わせ先>
■株式会社サテライトオフィス
TEL : 050-5835-0396 / FAX : 050-6861-2893
  E-Mail:contact-info@sateraito.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社サテライトオフィスの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]