編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

SAS、データサイエンスとアナリティクスの優れた教育者と学生を表彰

SAS Institute Japan株式会社

From: Digital PR Platform

2020-06-22 13:00


アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下SAS)は、全世界の大学とのパートナーシップを通じて、データサイエンス/アナリティクス分野の持続的なタレント(人材)プールを築いています。オンライン開催されたSASの年次カンファレンスSAS®グローバル・フォーラム2020では、革新的な方法でSASを教育/学習/利用している教育者や学生を表彰しました。

SASエデュケーション担当バイスプレジデントであるショーン・オブライエン(Sean O’Brien)は、次のように述べています。
「今回のパンデミックによって、優れた意思決定のためのデータ分析の重要性に注目が集まっています。このような時期にこそアナリティクスの専門技術は求められており、今年の受賞者は、世界にとってのアナリティクスの重要性を示す証といえるでしょう。」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応として、SASは柔軟な無料の学習オプションを発表しました。SAS®トレーニング・リソースは、ショート・ビデオやインタラクティブなオンライン・コースなどの様々なラインナップにより、入門者にプログラミングや統計学を紹介したり、SAS AI and Machine Learning Professionalなどの有益な業界認定資格の獲得を支援します。

SASはオンライン開催された今回のフォーラムに参加している学生や教育者に向けて、8つのアワード・プログラムを実施しています。
Distinguished SAS Educator Awardは、アナリティクス教育を発展させ、アナリティクス/データサイエンスの職務に向けて学生が準備できるよう支援するために、大きな貢献を果たした教育者を表彰します。今年の受賞者である米アクロン大学のスティーブン・マイヤーズ(Steven Myers)氏は学生をサポートし、教室やそれ以外でもアナリティクスを取り入れています。同氏は40年以上にわたって教師を続けており、自らをデータサイエンスの「エバンジェリスト」と称しています。

新設のEmerging SAS Educator Awardでは、アナリティクス教育の発展と、アナリティクス/データサイエンスの新しい人材の育成に著しい成果を示した教育者を表彰します。米エンブリー・リドル航空大学のレイラ・ハラウィ(Leila Halawi)氏は、アナリティクスを指導に融合させるとともに、最新の業界ニーズに対応することで学生が就職に備えられるようにしています。

SASは、伝統的黒人大学(HBCU)を支援してきた歴史に基づき、アナリティクス分野におけるHBCUの教育者の取り組みを評価する旅費助成賞を新設しました。受賞者は、それぞれの機関におけるアナリティクス教育拡充への貢献と関心に基づいて選出されています。この賞を受け取った3名は、ケンタッキー州立大学のアンソニー・トロイ・アダムス(Anthony Troy Adams)氏、ファイエットビル州立大学のブルチュ・アディバル(BurcuAdivar)氏、フロリダA&M大学のジェイソン・ブラック(Jason Black)氏です。

SASグローバル・フォーラムの学生シンポジウムのコンテストでは、複数の大学生と教授アドバイザー1名から成るチームが、ビッグデータへのSAS Analyticsの適用に関するスキルを示し、他チームと競争する機会が提供されます。8つのチーム・プレゼンテーションから選ばれた優勝チームは、ミネソタ州セントポールのセント・トーマス大学でした。内容は、研究費の支援を求めて毎年約5万件の研究提案がアメリカ国立科学財団(NSF)に寄せられますが、その支援先の選定のために、財団のデータに機械学習技法を適用し、類似する研究提案書の概要をレコメンドするものです。これにより財団のメリット・レビュー・プロセスを支援することができます。

SASグローバル・フォーラムにおける他の学術分野受賞者は、以下の通りです。

米国内外の大学の教育者15名に、アナリティクス教育の継続的な取り組みを支援するためのFaculty Scholarshipsが授与されました。
SASグローバル・フォーラムに参加した経験がなく、SASの使用経験が5年未満のプロフェッショナル14名が、説得力のある応募内容によってNew SAS Professional Awardを獲得しました。
さらに、12名がInternational Professional Awardを受賞しました。これは、SASの使用経験が5年未満で、米国外に居住している応募者に授与されます。
SASソフトウェアを使用してそれぞれの研究に恩恵をもたらしたことが認められ、14名の学生がStudent Ambassadorsに選出されました。

本日の発表は、世界最大級のアナリティクス・カンファレンスであるSASグローバル・フォーラムで行われました。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、今年のカンファレンスはオンラインで開催されています。

*2020年6月16日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。
(リンク »)
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

SASについて
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]