編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

マイクロフォーカス合同会社、Micro Focus Visual COBOL および Micro Focusエンタープライズ製品の新バージョンを発表

次世代のコアビジネスシステム構築のための柔軟なモダナイゼーションツールを提供

マイクロフォーカス合同会社

2020-07-27 11:30

マイクロフォーカス合同会社(本社:東京都港区、職務執行者:田島裕史)は、ITモダナイゼーションのための広範なソリューションを提供する「Micro Focus Visual COBOL」および「Micro Focusエンタープライズ製品」の新バージョン6.0を、本日より国内にて販売開始、8月31日より出荷開始することを発表します。

今回提供を開始するMicro Focus Visual COBOLおよびMicro Focusエンタープライズ製品の新バージョン6.0は、既存のCOBOL資産やメインフレームアプリケーションの強みを活かして、低リスクのモダナイゼーションソリューションを提供し、イノベーションを加速します。インサイトを重視した新たなツールやAPI開発能力、強固な導入オプションを通じて、開発者にクラウド戦略を実現しながらCOBOLやメインフレームの複雑なシステムを活用できるよう支援します。

Micro Focus Visual COBOL 6.0の特長と主な機能強化

•イノベーション:最新の統合開発環境(IDE)を最大限に活かして、新規のAPI開発をこれまで以上にサポートします。
•インサイト:新しいリファクタリングツールによって、開発者は既存のCOBOLプログラムからコアビジネスロジックやデータを素早く分離して抽出できます。
•インテグレーション:拡張されたDockerコンテナやKubernetes、クラウドのサポート機能を利用してCOBOLアプリケーションを開発、導入、管理できます。

Micro Focusエンタープライズ製品6.0の特長と主な機能強化

•アプリケーションのモダナイゼーションによる優れた統合:既存アプリケーションから重要度の高い機能を抽出し、SOA/API を利用した新規サービスとして公開することで、高い品質を維持した状態で、アプリケーション統合が実現できます。
•プロセスのモダナイゼーションによるインサイト:モダンデリバリー・ツールチェーンを活用して、基幹業務システムにおける変更を迅速に把握、識別、実行、およびテストします。
•インフラストラクチャのモダナイゼーションによるイノベーション:クラウドコンピューティングやコンテナ技術の利点を活かし、DockerやKubernetes、Azure、AWSを利用して新規ビジネスサービスを大規模なスケールで柔軟に展開します。

マイクロフォーカスのモダナイゼーション支援製品を活用いただくことで、企業は自社独自の基幹業務コアアプリケーションやデータを再利用し、機能を強化し、低リスク、低コストで、より実践的なアプローチでデジタルトランスフォーメーションを加速できるようになります。

企業はモダナイゼーションによって戦略的にビジネス変革を推進し続けています。マイクロフォーカスは今回のVisual COBOLやエンタープライズ製品をはじめとする製品やサービスを通じ、既存のテクノロジーと新しいテクノロジーを橋渡しして、お客様のデジタルトランスフォーメーションに向けた競争を支援します。


■関連情報

1)Micro Focus Visual COBOL 6.0J および Micro Focus Enterprise Developer 6.0J
 新機能・強化機能概要
  (リンク »)

2)製品稼働環境詳細
 Micro Focus Visual COBOL 6.0J(開発環境製品)
 Micro Focus COBOL Server 6.0J, Micro Focus COBOL Server for SOA 6.0J(実行環境製品)
  (リンク »)

 Micro Focus Enterprise Developer 6.0J(開発環境製品)
 Micro Focus Enterprise Server 6.0J(実行環境製品)
  (リンク »)

■製品の販売について
・販売開始:2020年7月27日
・出荷開始:2020年8月31日


■マイクロフォーカス モダナイゼーション製品・サービスに関するお問い合わせ先
 マイクロフォーカス合同会社 COBOL事業部 営業部
 E-mail: sales@microfocus.co.jp
 URL: (リンク »)


Micro Focusについて
Micro Focusは、全世界で4万社の顧客にエンタープライズソフトウェアを提供し、デジタル変革のための基盤を築いています。強固なアナリティクスエコシステムに支えられた広範なポートフォリオによって、エンタープライズDevOps、ハイブリッドIT管理、予測分析、セキュリティおよびリスクガバナンスのデジタルトランスフォーメーションの4つの主要領域に対処します。既存のテクノロジーと新しいテクノロジーとのギャップを橋渡しするように設計されたツールによって、お客様はビジネスの遂行と変革を同時に実現することができます。

マイクロフォーカス合同会社は、英Micro Focus社の日本法人です。
Micro Focus社に関する詳細は www.microfocus.com、マイクロフォーカス合同会社に関する詳細は www.microfocus.co.jp をご覧ください。


*本文中の各社の社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

<本件に関する報道関係者のお問い合わせ先>
マイクロフォーカス合同会社
マーケティング部 広報担当
E-mail: PR@microfocus.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]