編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

NSW、エッジデバイスと機械学習を活用したモータ異常予兆検知システムの提供を開始 ~ハードウェアパッケージによる早期の導入が可能~

日本システムウエア株式会社

From: DreamNews

2020-08-19 11:30

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、エッジデバイスのデータを可視化しAIによる異常予兆検知を行うEdge-AIシリーズとして、モータ異常予兆検知システムの提供を本日から開始します。

モータを搭載する産業機器に劣化や故障などの異常が発生すると、生産品の品質の劣化や稼働装置の停止に伴う生産効率の低下を引き起こすため、事前に設備の異常を検知し、安定稼働を維持する必要があります。

本システムは組込みAIデバイス「Jetson TX2」(NVIDIA社)に各機能を組み込んだハードウェアパッケージ(1セット20万円~)として提供します。モータに接続するだけでデータの収集と蓄積、予兆検知モデルの学習、モデルを用いた推論による異常予兆検知が可能です。また、すべての処理を「Jetson TX2」内で行うためサーバーやネットワーク環境に依存することなく利用できます。
DCモータやステッピングモータなどの一般的なモータに幅広く対応しており、駆動状態の電流値/電圧値のフィードバック値の位相ずれから予兆を検知します。これにより早期に故障などの異常による稼働停止のリスクを事前察知し、計画的なメンテナンスの実施を支援します。

今後は、本システムによるPoC推進に加えお客様のシステムとの連携にも対応していくとともに、モータをはじめ様々なエッジデバイスに向けたソリューションを展開していきます。

■モータ異常予兆検知システムのイメージ図



■関連リンク
・Edge-AIシリーズ「モータ異常予兆検知システム」
(リンク »)

※本ニュースリリースに掲載している情報は、発表日時点のものです。
※各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。

■NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年創業。製造や流通など業種対応のシステム構築、ITインフラ設計・運用、自社データセンターを基盤としたクラウドサービスなどをワンストップで提供します。また、車載や通信・設備分野における組込みシステム開発とLSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かしたIoT・AI分野に注力し、IoTプラットフォーム「Toami」を軸とした各ソリューションやサービス提供により、お客様のDX・デジタル変革実現を先導する企業を目指します。詳細は (リンク ») をご覧ください。

■サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
プロダクトソリューション事業本部
営業統括部 第二営業部 担当:鈴木、柴田
TEL:03-4335-2610
E-mail:Embedded-Info@gw.nsw.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
コーポレート本部
企画室広報担当:染葉(ソメハ)、金子
TEL:03-3770-4014
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]