編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

『OKWAVE AWARD 2020』「OKBIZ. for Community Support」導入企業による優良回答者ユーザー表彰を実施

企業が自社のサポートコミュニティの貢献ユーザーへ“感謝”を伝える好評企画

株式会社オウケイウェイヴ

2020-10-16 13:00

互い助け合いをベースとした法人・個人向け製品サービスを展開する株式会社オウケイウェイヴ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:福田 道夫)は、互い助け合いを実践し、多くの“ありがとう”を生み出しているQ&Aサイトのユーザーを表彰する年間企画『OKWAVE AWARD 2020』にて、「OKBIZ. for Community Support」を導入する8社が賛同し、各社がそれぞれに優良回答者を選出し「OKBIZ. CS Answers Award」として表彰したことをお知らせいたします。
(リンク »)

このたび『OKWAVE AWARD 2020』の趣旨に賛同いただいた「OKBIZ. for Community Support」(以下、「OKBIZ. CS」)導入企業は、NECパーソナルコンピュータ株式会社、エレコム株式会社、キヤノンITソリューションズ株式会社、ソースネクスト株式会社、ブラザー販売株式会社、株式会社PFU、レノボ・ジャパン合同会社、ローランド株式会社の8社です。

企業にとって顧客関係性の構築は重要な経営課題であり、顧客接点のひとつであるサポート領域においてはより良い顧客体験(カスタマーエクスペリエンス)が求められます。また、昨今の新型コロナウイルス感染拡大に伴う、3密回避やリモート化などの顧客サポートの現場での働き方の変化に伴い、Webサポートチャネルにおける“ユーザー同士が助け合うサポートコミュニティ”の利用が拡大しています。「OKBIZ. CS」導入サイトでは、サイト閲覧数が46%、質問投稿数が55%増加し、サポートチャネルのひとつとして活用されています(2020年3月1日〜4月12日までと4月13日〜5月25日までの43日間の比較、 (リンク ») )。
サポートコミュニティの活用が進む中で、『OKWAVE AWARD』の「OKBIZ. CS Answers Award」はユーザーに“感謝”を伝えることを通じて関係性の構築を図る機会として「OKBIZ.CS」導入企業の賛同によって2016年から毎年実施し、5回目を迎えました。
「OKBIZ. CS Answers Award」賛同企業がユーザーに感謝の気持ちを直接伝え、ユーザーが回答する行動の価値を高めることで、ユーザーのサポートコミュニティを活用した問題解決をさらに促進していく循環を生み出しています。

当社は今後も互い助け合いをベースとした製品サービスの提供を通じて、企業やユーザーと共に社会の発展や産業振興に寄与していきます。

■『OKWAVE AWARD 2020』OKBIZ. CS Answers Award賛同企業と選出した受賞者
(企業名五十音順、受賞者はOKWAVE IDの表記)
NECパーソナルコンピュータ株式会社 121CCagent( (リンク ») )
エレコム株式会社 121CCagent( (リンク ») )
キヤノンITソリューションズ株式会社 narashingo( (リンク ») )
ソースネクスト株式会社 emsuja( (リンク ») )
ブラザー販売株式会社 papis( (リンク ») )
ブラザー販売株式会社  121CCagent(副賞)( (リンク ») )
ブラザー販売株式会社 ts0472(副賞)( (リンク ») )
株式会社PFU mysbh( (リンク ») )
レノボ・ジャパン合同会社 TZ91( (リンク ») )
ローランド株式会社 tunaingot( (リンク ») )

※各企業からそれぞれ選定された受賞者への受賞理由のコメントは『OKWAVE AWARD 2020』サイトに掲載しています。

■『OKBIZ. for Community Support』について
(リンク »)
『OKBIZ. for Community Support』は繁忙期、ピークタイム、営業時間外、自社サポート範囲外のお問い合わせ等を顧客同士で問題解決する顧客参加型サポートコミュニティをサポートチャネルのひとつとして開設できるサービスです。年間約8,000万人が利用するQ&Aサイト「OKWAVE」との連携により、利用者が素早く回答が得られることや投稿監視等の負担なく導入できることが評価され、プリンター業界の国内大手企業全社をはじめ、PCやデジタル製品を扱う製造業やネットサービス業界などにて、ソーシャルチャネルを活用した先進的な顧客サポートソリューションとして導入が進んでいます(17サイト/2020年9月現在)。
導入企業側では管理ツールの「投稿データ出力機能」を用いてQ&Aコミュニティでの投稿内容の傾向や動向等を分析し、顧客サポートの向上施策や商品企画、マーケティング等の一助に役立てることができます。また「画面内リンク機能」を用いてQ&Aコミュニティー上に自社製品サービスに関する最新情報を喚起したり、「Web API機能」を用いて、自社サイトにQ&Aコミュニティーの最新投稿を自動出力するなど、サポートとマーケティングの両面に活用できます。

■株式会社オウケイウェイヴについて
(リンク »)
株式会社オウケイウェイヴ(証券コード:3808)は1999年7月設立。「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことを目指し、Q&Aサイト「OKWAVE( (リンク ») )」を2000年1月より運営しています。法人向けには、「OKWAVE」の運営ノウハウを基にした、大手企業、自治体600サイト以上が導入する国内シェアNo.1のFAQシステム「OKBIZ. for FAQ( (リンク ») )」やAIチャットボット「OKBIZ. for AI Chatbot( (リンク ») )」、サンクスカードサービス「OKWAVE GRATICA」( (リンク ») )、中小企業向けヘルプデスクツール「OKWAVE IBiSE」( (リンク ») )、AMLソリューション「OKWAVE JaNUS」( (リンク ») )などを提供しています。今後はこれらの製品サービスを、テレワークをはじめとする次世代の働き方に対応したソリューションとしての展開や、アジア圏への拡販を進め、社会課題の解決に寄与していきます。

※記載された商品名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]