編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

オルツ、チャットプラス、NSWがAIを活用したチャットボットサービスの提供を開始

日本システムウエア株式会社

From: DreamNews

2020-11-04 11:30

株式会社オルツ(本社:東京都港区六本木、代表取締役:米倉千貴、以下「オルツ」)、チャットプラス株式会社(本社:東京都千代田区神田神保町1丁目7-1 NSEビル8階 代表取締役社長:西田省人、以下「チャットプラス」)と日本システムウエア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長:多田 尚二、以下「NSW」)は、AIチャットボットサービスを組み込んだヘルプデスクサービスの提供を本日より開始します。

1.背景と目的
新型コロナウイルス感染症をきっかけに、企業は急激な社会環境の変化に対応するだけでなく、withコロナ時代に向けたデジタル化の取り組みが求められています。ヘルプデスク業務では「三密(密閉・密集・密接)」が発生しやすい状況となるため、運用オートメーション化、及び電話・メール以外の問合せチャネルの追加などの省人化が重要となっております。そこでオルツ、チャットプラス、NSWは、オルツの提供する言語解析AIアルゴリズムをチャットプラスのチャットボットインターフェースに組み込み、チャットボットサービスを支援するAIを組み込んだAIチャットボットサービスとNSWのヘルプデスクサービスを組み合わせたサービスを提供します。

2.協業内容
各社の役割は以下のとおりです。

<株式会社オルツ>
一般的なチャットボットサービス導入時には大量のQAデータセットの作成・導入が必要となりますが、オルツのAIアルゴリズム(以下NeoRMR)では、QAデータセットがゼロの状態からでもスタートすることが可能です。また、運用中にリアルタイムにAIに学習させることができるため、AI教育にかかる定期的な工数を大幅に削減することが可能です。

<チャットプラス株式会社>
チャットプラスのチャットボットは世界的にも最も高機能なチャットシステムになっており、お客様の用途により、有人チャット、選択肢型のチャットボット、AIを用いた自然言語への自動応答、RPA連携など、様々な設定が可能です。

<NSW>
本AIチャットボットサービスを、自社データセンター運用における活用とお客様へのAIヘルプデスクソリューションとして提供していきます。これにより、クラウドPBXを利用したIVRやAIチャットボットを使用した省人化回答作業が可能となり、ヘルプデスク運用のオートメーション化と効率化を図ります。

■AIチャットボット運用イメージ



・新しい「質問」がくるとNeoRMRが学習した中から最適と思われる「回答候補」をチャットプラスインターフェースが表示
・チャットオペレータは「回答候補」から回答を選択
・QAナレッジが蓄積され、AIが学習することでオペレータを介さずに自動回答することが可能

本サービスは、NSWのヘルプデスク業務に導入することにより 顧客満足度向上、対応品質の均一化、チャットオペレータの対応時間短縮、教育コスト削減、テレワーク率向上などの効果を見込んでおります。
今後オルツ、チャットプラス、NSWの三社は、本AIチャットボットサービスを用いたヘルプデスクソリューションを幅広い業種業界に向け提案・販売していくことで「New Normalチャットボットデザイン」として、より社会生活に貢献する付加価値の高いソリューションを目指していきます。

関連リンク
NSW ヘルプデスクサービス
(リンク »)

NSW 運用オートメーションサービス「Managent-Automation」
(リンク »)

株式会社オルツについて
社名    :株式会社オルツ
URL    : (リンク »)
所在地  :東京都港区六本木 7-15-7 SENQ 六本木 9F
代表者  :代表取締役 米倉 千貴
設立    :2014年11月
事業内容 :P.A.I.(パーソナル人工知能)『alt(オルツ)』の開発、提供、及び、
人工知能及び人工知能関連技術の研究・開発及びこれに関するサービスのコンサルティング・企画・開発・運営

チャットプラス株式会社について
社名    :チャットプラス株式会社
URL    : (リンク »)
所在地  :東京都千代田区神田神保町1丁目7-1 NSEビル8階
代表者  :代表取締役社長 西田省人
設立    :2016年8月
事業内容 :チャットサポートツール「ChatPlus」の提供

NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年創業。製造や流通など業種対応のシステム構築、ITインフラ設計・運用、自社データセンターを基盤としたクラウドサービスなどをワンストップで提供します。また、車載や通信・設備分野における組込みシステム開発とLSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かしたIoT・AI分野に注力し、IoTプラットフォーム「Toami」を軸とした各ソリューションやサービス提供により、お客様のDX・デジタル変革実現を先導する企業を目指します。詳細は (リンク ») をご覧ください。

※本ニュースリリースに掲載している情報は、発表日時点のものです。
※各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。

[本件に関するお問合せ先]
株式会社オルツ
営業 浅井 TEL: 03-6380-7076 MAIL:rmr@alt.ai
広報 西澤 TEL: 03-6380-7076 MAIL:press@alt.ai

チャットプラス株式会社
ChiefSalesDirector 三浦 TEL:050-8882-5558  MAIL:sales@chatplus.jp

日本システムウエア株式会社
サービスソリューション事業部 営業統括部 飯塚、石川
TEL:03-3770-0096 MAIL: nsw-dc@gw.nsw.co.jp
コーポレート本部 企画室広報担当:染葉(ソメハ)、金子
TEL:03-3770-4014 MAIL: kouhou@gw.nsw.co.jp






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]