編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

「テレワークならではの後輩指導方法について考えてみる」

鈴与シンワート株式会社

2021-01-07 08:00

阿佐美 空氏のコラム「テレワークならではの後輩指導方法について考えてみる」を公開しました。ご興味ある方は以下からお願い致します。
--
新型コロナ第三波が吹き荒れる中、医療従事者の皆様やコロナ対策に追われる皆様には頭が下がります。以前より、アフターコロナの話がメディアにも出ていますが、新型コロナによって、新しい働き方や生活スタイルに気が付いた方が多く、新型コロナウイルスが収束した後も、テレワークは継続されていくと言われています。

おそらく日本型のアフターコロナの労働環境はいわゆるハイブリッド型といわれているものになり、100%テレワークではなく、テレワークできる人は週の何日かをテレワークで仕事をするタイルになり、その労働対価に合わせて給与も変わっていく体系になるはずです。

これはなかなかいい案であり、新型コロナ前の社員は全員フルタイム労働でした。しかし、職務によってはフルタイムでなくても良かったものもあるはずです。全員強制でフルタイム労働をさせるとどうなるかというと、仕事のための仕事が増えるということだと私は考えています。なくても良い仕事が「念のためのリスクヘッジ」や「一応確認しておいた方がいいのでは?」のような感覚で非生産的な仕事が存在していました。今回の新型コロナによって、労働環境が制限され、そのような非生産的な仕事は無くても良かったことに会社が気が付いたという様相になっています。それらの仕事は無駄な仕事なのでアフターコロナの世界では実施されない会社が多くなると思います。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]