編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

REDSTACKとNSW、BIM-IoTソリューションビジネスで協業 ~BIMとIoTの融合により建設業や製造業のデジタルツインを実現~

日本システムウエア株式会社

From: DreamNews

2021-03-05 11:30

REDSTACK Pte. Ltd.(本社:シンガポール、CEO Japri Maming、以下REDSTACK)とNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、BIMとIoTを融合したBIM-IoTソリューションビジネスで協業することを発表します。これに伴いNSWは、REDSTACKの「TWIN CLiQ」および「DFAMP」を本日より提供開始します。

BIM(Building Information Modeling、※1)は設計・施工・維持管理といった建築ライフサイクルのあらゆる情報を一元管理する手法で、建設業にとどまらず製造業等さまざまな分野において注目を集めています。
本協業は、REDSTACKのBIMソリューション提供ノウハウと、NSWのIoT・AI技術を融合したBIM-IoTソリューションを活用し、現実空間の機器や設備などの稼働データを仮想空間に再現するデジタルツイン(※2)を実現することで、建設業や製造業の業務変革を積極的に推進していくことを目的としています。

REDSTACKの「TWIN CLiQ(ツインクリック)」はWeb上でBIMを直感的に操作するセキュアなBIM Viewerで、建設プロジェクトにおける業務の効率化、人手不足や技術継承などの課題を解決します。また「DFAMP(Digital Facility & Assets Management Platform)」はWebベースのデジタルツインツールで、建物の維持管理や設備管理、メンテナンスなどにおける人手作業をデジタル化しコストの削減を実現します。

このたび提供するBIM-IoTソリューションは、上記システムにNSWのIoTプラットフォーム「Toami(トアミ)」を連携することで、製造業などのあらゆる設備情報を可視化します。また、AIソリューション「ToamiVisionシリーズ」を活用して人やモノの動きをリアルタイムで把握し、IoT向けビッグデータ分析・予測サービス「ToamiAnalytics」により設備のメンテナンス予測や品質保持の自動判別、予算作成や様々なシミュレーションを行うことでデジタルツイン実現を推進します。

■ TWIN CLiQおよびDFAMPの使用イメージ



今後、両社はBIM-IoTソリューションを建設業、製造業、商業施設、メンテナンスなど、さまざまな分野へ提供しデジタルツインを展開することで、設計・施工・維持管理・運用の各フェーズの効率化に向けて支援するとともに、ビジネス領域の拡大を目指してまいります。

以上

※1 建築物をコンピューター上の3D空間で構築し、企画・設計・施工・維持管理に関する情報を一元化
して活用する手法
※2 建設業における設計・施工や運用、製造業における設備や機器などの情報をデジタル化し、仮想空間に現実と同じ環境をリアルタイムで再現する技術

■関連リンク
・NSW IoTプラットフォーム「Toami」
(リンク »)
・REDSTACK  「DFAMP」で実現するデジタルツイン(動画)
(リンク »)

※本報道資料はREDSTACK Pte. Ltd.より英語版が、NSWより日本語版が同時配信されています。
※本ニュースリリースに掲載している情報は、発表日時点のものです。
※各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。

■REDSTACK Pte. Ltd.について
25年以上にわたり、不動産・工場等の建設関係に関わる最新のデジタルプラットフォームの構築にフォーカスしている3Dエンジニアリング、モデリング、プログラミングを専門とする建設業特化型エンジニアリング会社です。BIM先進国のシンガポールで高い評価を受け、アジアでは、シンガポール、マレーシア、台湾、フィリピン、他にカタール、ドイツ、オーストラリアに支店があります。詳細は (リンク ») をご覧ください。

■NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年創業。製造や流通など業種対応のシステム構築、ITインフラ設計・運用、自社データセンターを基盤としたクラウドサービスなどをワンストップで提供します。また、車載や通信・設備分野における組込みシステム開発とLSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かしたIoT・AI分野に注力し、IoTプラットフォーム「Toami」を軸とした各ソリューションやサービス提供により、お客様のDX・デジタル変革実現を先導する企業を目指します。詳細は (リンク ») をご覧ください。

■サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
サービスソリューション事業本部
営業統括部 第一営業部:大野、高橋
TEL:03-3770-0096
E-mail:ml-iot@gw.nsw.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
コーポレート本部
企画室広報担当:染葉(ソメハ)、金子
TEL:03-3770-4014
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]