編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

Aras、より優れた拡張性、柔軟性、およびオープンな接続性を提供するアプリケーション「Aras シミュレーション管理」の最新リリースを発表

優れたシミュレーション管理により製品ライフサイクル全体にわたるシステムの調査と検証を可能に

アラスジャパン合同会社

2021-03-24 11:00

製造業向けデジタルアプリケーションのためのレジリエント(しなやか)な製品ライフサイクル管理(PLM)プラットフォームを提供する Arasは、ライフサイクル全体でシミュレーションを可能にするための最も拡張性高く柔軟かつオープンなソリューションである「Aras シミュレーション管理」の最新リリースを発表しました。このアプリケーションは、さまざまなツールのあらゆる種類のシミュレーションのプロセスとデータを管理する機能を提供します。解析データと結果はデジタルスレッドの一部となり、要件仕様にまで遡って追跡可能なクローズドループを通じ、シミュレーションのデータをビジネスに活用できる情報として接続します。また、シミュレーション担当者の事務作業を低減し、モデリング、解析、および方法論に集中できます。正確な製品構成バリエーション、混合フィデリティモデル、パラメーター値などの入力は自動的にシミュレーションスタディの一部となり、解析結果はデジタルスレッドの一部としてさまざまなプロセスで公開されます。簡単に比較、繰り返し可能なシミュレーションプロセスを実行して、タイムリーな意思決定を行うことを可能にします。
【米国マサチューセッツ州アンドーバー 2021年3月23日(現地時間)/東京 2021年3月24日発】製造業向けデジタルアプリケーションのためのレジリエント(しなやか)な製品ライフサイクル管理(PLM)プラットフォームを提供する Aras(本社:米国マサチューセッツ州、CEO 兼 創業者:ピーター・シュローラ、日本法人:アラスジャパン合同会社、本社:東京都千代田区、社長:久次昌彦)は、本日、ライフサイクル全体でシミュレーションを可能にするための最も拡張性高く柔軟かつオープンなソリューションである「Aras シミュレーション管理」の最新リリースを発表しました。このアプリケーションは、さまざまなツールのあらゆる種類のシミュレーションのプロセスとデータを管理する機能を提供します。 解析データと結果はデジタルスレッドの一部となり、要件仕様にまで遡って追跡可能なクローズドループを通じ、シミュレーションのデータをビジネスに活用できる情報として接続します。

今日、製品の複雑さが増すにつれて、さまざまなベンダーのツールを使用して、より多くの分野で、より多くの件数、多種多様なシミュレーション(3D、システム、数理モデル、電子機器、組み込みソフトウェア等)を行うことの必要性が高まっています。多くの企業において、シミュレーションはサイロで分断されて管理されています。また、このサイロは、専門ツールごとに最適化されており、シミュレーション専任者からなる小グループのみがアクセス可能である傾向が見られます。このような分断されたシミュレーションは、解析結果の活用を制限し、価値を発揮できず、エラーが発生しやすいという非効率性をもたらし、デジタルスレッドのトレーサビリティを妨げます。

CIMdata の社長兼CEOであるピーター・ビレロ氏(Peter Bilello)は、次のように述べています。「組織にとって、入力データとシミュレーション結果が適切な製品構成に完全に接続され、デジタルスレッドを完成させるシミュレーション戦略を実施することは重要です。『Aras シミュレーション管理』アプリケーションにより、ユーザーはシミュレーションを製品データのデジタルスレッドに接続することが可能となり、複雑な製品の開発、製造、およびサポートにおける統合された追跡可能で反復可能なプロセスの一部に位置づけることができます」

Arasのプロダクト マネジメント担当 上級副社長であるジョン・スパーリング(John Sperling)は、「『Aras シミュレーション管理』アプリケーションは、スタンドアロンのモデリング機能ではありません。これはArasプラットフォーム上の一連のアプリケーションの一部であり、Aras 要件管理、Arasシステム アーキテクチャ、Arasプロダクト エンジニアリングとともに、お客様のシステムズシンキングおよびデジタルトランスフォーメーション戦略を実現する重要な要素となります」と述べています。

「Aras シミュレーション管理」アプリケーションにより、企業は今後、企業全体のエンジニアリング、製造、および保守プロセスに関連するすべての異なるタイプのシミュレーションを管理できるようになります。レジリエント(しなやか)なプラットフォームを基盤とする「Aras シミュレーション管理」アプリケーションは、クラス最高の拡張性を提供し、幾何学的に増加する一連のシミュレーションデータを処理し、プロセス変換の柔軟性を大幅に向上させます。

「Aras シミュレーション管理」アプリケーションを使用すると、シミュレーション担当者は、シミュレーションに付随する事務作業を低減し、モデリング、解析、および方法論に集中できます。正確な製品構成バリエーション、混合フィデリティモデル、パラメーター値などの入力は自動的にシミュレーションスタディの一部となり、解析結果はデジタルスレッドの一部としてさまざまなプロセスで公開されます。製品バリエーションが多岐にわたり、評価すべきケースが仮に数百または数千におよぶ場合、全体を統括するシミュレーション管理が不可欠となります。ライフサイクル全体の関係者が、ある設計バリエーションから次のバリエーションへの調査結果を簡単に比較し、繰り返し可能なシミュレーションプロセスを実行して、製品の適切なバージョンに関連する結果を使用してタイムリーな意思決定を行うことが可能になります。

グローバル企業は「Aras シミュレーション管理」アプリケーションにより、今日のエンジニアリング要件のニーズを満たすためのより広範なシミュレーションを実現し、多分野にわたる製品の複雑さの影響を軽減し、現在および将来の大規模なシミュレーションを含むビジネス戦略を迅速に進化させることができます。

■参考情報
・ガイド:イノベーションにつながるシミュレーション ガイド( (リンク ») )
・エグゼクティブサマリ:システムズシンキングとデジタルトランスフォーメーション( (リンク ») )
・動画:Putting Systems Thinking into Practice Using a Digital Thread(デジタルスレッドを使用してシステムズ シンキングを実践する/英語・30分)( (リンク ») )


Aras について
Aras は、製造業向けデジタルアプリケーションのためのレジリエント(しなやか)なプラットフォームを提供しています。当社のオープンかつローコードなテクノロジーにより、ますます複雑になっている製品の設計開発、製造、保守等の部門を対象に、柔軟でアップグレード性を備えたソリューションを迅速に提供しています。Aras のプラットフォームおよび製品ライフサイクル管理(PLM)アプリケーションは、製品ライフサイクル全体およびサプライチェーンの、あらゆる部門・部署のユーザーを重要な製品データやプロセスと繋ぎます。米国マサチューセッツ州アンドーバーの本社をはじめ、世界の主要なオフィスから、350を超えるグローバル顧客と25万を超えるユーザーをサポートしています。Aras Innovator プラットフォームは無料でダウンロード可能で、すべてのアプリケーションはアップグレードを含めて単一のサブスクリプション価格でご利用いただけます。川崎重工業、デンソー、日産自動車、⽇⽴製作所、富士フイルム、村田製作所、ルネサス エレクトロニクス、Airbus、Audi、GE、GM、Microsoft などの顧客に採用されています。
URL: (リンク »)

※当報道資料は2021年3月23日(現地時間)にArasが発表したプレスリリースの抄訳です。原文と本抄訳の差異に関しては原文が優先します。予めご了承下さい。

※Aras および Aras Innovator の社名、ブランド名、製品名、または商標は、米国および/またはその他の国々における Aras Corporation およびその子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべての社名、ブランド名、製品名、または商標は、各所有者に帰属します。


本件に関するお問い合わせ先
アラスジャパン合同会社
広報担当 桜井
 Tel: 090-1652-5258 E-mail: nsakurai@arascorp.jp 
マーケティング 宮岡、田村
 Tel: 03-5797-7920  E-mail: marketing-japan@aras.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]