編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

NRIグループが「Sansan」を国内グループ会社に一斉導入

Sansan株式会社

From: PR TIMES

2021-10-19 11:00

スマートワークスタイルの実現と顧客管理プラットフォームとの連携を加速

Sansan株式会社は、株式会社野村総合研究所および国内グループ会社17社(以下、NRIグループ)が法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を導入し、併せてオンライン名刺機能の利用も開始したことを発表します。



[画像: (リンク ») ]

■サービス導入の背景
NRIグループでは、「未来創発」の企業理念のもと、ITやコンサルティングの形で、顧客企業を支えるためのビジネスモデルの高度化に取り組んでいます。また、市場の急速な拡大が続くDXビジネスをリードするためにも、コロナ禍以前より、自社におけるペーパーレス化・デジタル化を基軸として業務の改革に注力してきました。

NRIグループは、2014年にワークスタイルのスマート化ツールとして、一部の現場部門で Sansanの利用を開始しました。その後、利便性が認められ、社内でのクチコミを通じて利用者が拡大する中、グループ内の業務改善を担う委員会活動において紹介されたことをきっかけに、新しい外部とのコンタクト情報の管理ツールとして、NRIワークプレイスサービスによってグループ展開が進められました。

そして今回、新しいワークスタイルの実現に加え、グループの人脈情報の集約を目的に、SansanとNRIグループの顧客管理プラットフォームとの連携開始に至りました。これにより、グループ内の高度な専門性を持つ人材が有する、業界トップクラスの企業とのコンタクト情報の集約化基盤の構築を目指します。 
また、コロナ禍では、リモートワークが定着する中で、Sansanのオンライン名刺機能の利用も拡大しています。その結果、同社では人的なネットワーク・コミュニケーションの手段として、ビデオ会議と同様に定着が進んでいます。

■「Sansan」を選んだ理由

・組織全体での顧客管理を実現
NRIグループでは、これまで手作業で行ってきた顧客企業の人物情報の名寄せ業務を、Sansanで代替することにより、挨拶状やイベント情報などを、最新の顧客情報に基づき効率的に案内が可能になりました。
また、各種コンタクト情報との連携を進めることで、より精度の高い人脈情報をグループ内で共有することができます。今後は、同社の顧客企業のネットワークを、より高い次元に維持できるDXを実現する基盤として、NRIグループの顧客管理プラットフォームとの連携を強化していきます。

・オンライン名刺を活用した、人脈データの企業資産としての蓄積・活用
NRIグループではリモートワークが前提になる中、ビジネスコミュニケーションは、ビデオ会議やメールでのコミュニケーションが中心になりつつあります。そうした中、同社は人脈データを企業資産として蓄積・活用するため、オンライン名刺機能の利用を促進しています。また、ビデオ会議で活用可能なオンライン名刺のQRコード付きバーチャル背景は、付加機能としても重要な位置付けになりつつあります。
オフラインおよびオンラインの人脈データを企業資産として蓄積・活用可能なSansanについて、「コミュニケーションツールとしてだけでなく、ブロックチェーンのように正当性と一貫性を担保するデジタル資産管理ツールとしての可能性を秘めている」と評価いただいています。

・名刺管理のペーパーレス化・デジタル化両面での効率性の向上
Sansanは、AI技術とオペレーターの手入力によりアナログな名刺情報を99.9%の精度で、手間なく素早くデータ化し、組織での共有管理を可能にします。また、名刺交換した相手の人事異動情報や企業の最新ニュースがタイムリーに通知されるなど、Sansanの名刺データを起点とすることで、正確かつ最新の企業・人物情報を取得することができます。
そのため、紙の名刺の整理や更新など管理業務に費やしていた時間を会社全体で大幅に削減し、業務効率化に貢献します。また、登録した人物以外の企業やその組織情報・財務情報なども重ねて閲覧することができるため、顧客企業やコンタクト先の状況を一目で把握することが可能になります。

■株式会社野村総合研究所について
会社名:株式会社野村総合研究所
代表取締役会長兼社長:此本 臣吾
設立:1965年4月
事業内容:コンサルティング、金融ITソリューション、産業ITソリューション、IT基盤サービス
従業員数:6507名(NRIグループ1万3430名)(2021年3月31日時点)
URL: (リンク »)

■NRIワークプレイスサービス株式会社について
会社名:NRIワークプレイスサービス株式会社
代表取締役社長:村上 勝俊
設立:2000年12月
事業内容:オフィスサービス、ITインフラサービス、ビジネス支援サービス
従業員数:65名(2021年3月31日時点)
URL: (リンク »)

Sansanは、今後も「出会いからイノベーションを生み出す」という当社のミッション実現へ向けて、進化を続けてまいります。

*QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

(以上)

■Sansanについて
名刺管理から、営業を強くする「Sansan」
Sansanは、法人向けクラウド名刺管理サービスです。名刺をスキャナーやスマートフォンアプリで読み取るだけで、独自のオペレーションシステムによって名刺情報を正確にデータ化します。高度なAI技術により、企業内の人脈の管理・共有を可能にするほか、社内の連携を促進する機能や顧客データを統合・リッチ化する機能も備えた、営業を強くする「ビジネスプラットフォーム」です。また、オンラインでの名刺交換を可能にする「オンライン名刺」機能により、多様化するビジネスの出会いによって生じる課題を解決します。

■Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、ビジネスにおける出会いを後押ししています。主なサービスとして、クラウド名刺管理サービス「Sansan」や名刺アプリ「Eight」、クラウド請求書受領サービス「Bill One」を国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日
URL: (リンク »)
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:63億33百万円(2021年8月31日時点)
事業内容:働き方を変えるDXサービス(クラウド名刺管理サービス等)の企画・開発・販売
Sansan  (リンク »)
Eight  (リンク »)
Bill One  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]