編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

【オリックス自動車】マイカーリース新商品「いまのりイレブン」販売開始

オリックス株式会社

From: Digital PR Platform

2021-12-20 13:26


オリックス自動車株式会社(本社:東京都港区、社長:上谷内 祐二)は、このたび、基本契約期間が11年で中途解約が可能な個人向けカーリース商品「いまのりイレブン」の販売を開始しますのでお知らせします。

「いまのりイレブン」は、月々1万円台からお好みの新車に乗れる個人向けカーリース商品です。11年の基本契約期間のうち、9年経過以降は自由に車の乗り換えやご返却が可能です。なお、契約満了時には、車を返却するか所有権を取得するかをご選択いただけます。リースの特徴である、契約期間中のオイル交換や車検の基本工賃などは月額リース料に含まれており、車にかかる年間維持費用が平準化されます。

乗用車の平均使用年数は13.9年、軽自動車は15.2年と過去最長※1を更新しています。2020年度のオリックス自動車の個人向けカーリースのお申し込み実績においても契約期間が9年の「いまのりナイン」が約7割を占めており、今後さらにクルマの長期使用が進んでいくものと考えられます。

また、日本自動車リース協会連合会がまとめた個人向けカーリースの保有台数は2021年に43万7743台と初めて40万台を突破※2しており、煩雑な維持管理を行わなくても車に乗れるリースの需要が高まっています。

オリックス自動車は1984年より個人向けカーリース事業を展開し、2004年以降、新車を2年で自由に乗り換え・返却できる「いまのりくん」や、月々の支払いを抑えつつ契約終了時にクルマを自分のモノにできる「いまのりセブン」「いまのりナイン」など、お客さまのニーズに応えた商品を提供しています。また、2010年からは自社サイトや大手通販サイトを通じたインターネット販売も強化しています。

今後も、お客さまの様々なニーズにお応えするとともに、サービスのさらなる向上を図ってまいります。

※1 自動車検査登録情報協会、軽自動車検査協会の統計による。
※2 日本自動車リース協会連合会より


<補足資料>
■「いまのりイレブン」の3つの特徴
①9年たったら乗り換え・返却が自由、11年後はクルマをもらえる
「いまのりイレブン」は11年を基本契約として設定していますが、契約開始から9年が経過したらいつでも自由に乗り換えや返却ができます。その場合、解約金はありません※1。もちろん、そのまま乗り続けることも可能です。


(リンク »)


※1 返却時の損耗状況により、ご請求をさせていただく場合があります。
※2 契約満了前に解約・返却される際の走行距離が[経過月数×2,000km]を超えた場合、8円/㎞の追加請求が発生します。また、9年未満で中途解約される場合は、弊社所定の中途解約金が必要となります。
※3 国産新車が対象になります。実施工場はオリックス自動車が指定する提携工場に限ります。継続車検時の基本点検整備費用と名義変更に関わる手数料を弊社で負担いたします。ただし、名義変更については登録手続きがオリックス自動車からご契約者様への所有権移転のみ、かつ車検証に記載されている使用の本拠の位置等について、変更を伴わない場合に限ります。その他法定費用(重量税・自動車税種別割・自賠責保険料・リサイクル料金)は、お客様のご負担となります。


②諸費用コミコミでフラットな支払い
新車を現金で購入する際は、車両代だけでなく、環境性能割や登録にかかる費用、毎年の自動車税や車検費用など、忘れがちな費用もかかってきます。
「いまのりイレブン」なら諸費用もコミコミで均等払いなので、まとまったお金が必要なく、お支払いもラクラクです。

(リンク »)




③国内全メーカーから選べる
国産全メーカーの中から、乗りたい新車を選ぶことができます。もちろん全てのグレード、カラー、オプションから選べるので、好きな新車に乗る事ができます。


(リンク »)



(リンク »)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

オリックス株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]