編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

「mitoco」と「SkyVisualEditor」連携強化

ノーコードで独自仕様の業務アプリケーション開発を柔軟に

株式会社テラスカイ

2022-02-14 15:15

株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下テラスカイ)は、グループウェア『mitoco(ミトコ)』とSalesforce画面開発ツール『SkyVisualEditor』の連携開発を強化しています。過去複数回のバージョンアップにおいて、顧客情報を基点にした申請業務・日報管理など、ビジネスプラットフォームとしての開発カスタマイズ性を高めてきました。

ビジネス進化への柔軟な対応が求められるSoE(System of Engagement)においては、開発内製化を重視する企業が増え、ノーコードで画面開発ができる『SkyVisualEditor』のニーズが増しています。

テラスカイでは、 組織に応じたワークフローを臨機応変に構築していきたい、カスタマイズした旧グループウェアからユーザーの負荷なく最新システムに移行したい、自社独自の業務管理画面や帳票をSalesforceでつくりたい、といった企業のご要望に応えるために両プロダクトの実現の幅を拡張してきました。引き続き、業務の効率化、開発内製を推進する企業を支援するため、システムの利便性を高める開発を進めてまいります。



『mitoco』と『SkyVisualEditor』の活用メリット

・標準機能で複雑なワークフローを作成でき、さらに電子帳票の押印・承認が容易
・ノンコーディングでカスタマイズ可能なので、内製によるスピーディな導入と運用後の改善が容易
・Salesforceの取引先レコードなどに紐づけて保存や回覧が可能

<SkyVisualEditorとは>
Salesforceの画面をノンプログラミングで開発できるツールです。マウスのドラッグ&ドロップだけで、簡単にVisualforceページの生成することができます。また、Lightning Experienceにも対応しているので、VisualforceページのLightning移行をスムーズに行うことが可能です。
(リンク »)

<mitocoとは>
『mitoco』はクラウド時代のニーズとテクノロジーを基に開発したコミュニケーション・プラットフォームで
す。最大の特徴はSalesforceをプラットフォームとしている点であり、Salesforce上のCRMデータとの連携や、柔軟性の高い開発基盤上にカスタムアプリケーションを追加開発することも容易です。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]