編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

HENNGE Oneの連携ソリューションに、オンラインホワイトボード・コラボレーションツール「Miro」を追加

HENNGE株式会社

From: PR TIMES

2022-06-03 11:47

HENNGE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏)は、SaaS認証基盤(IDaaS)の「HENNGE One」が、ミロ・ジャパン合同会社が提供するオンラインホワイトボード・コラボレーションツール「Miro」に対応したことを発表します。



[画像: (リンク ») ]

「HENNGE One」と「Miro」が連携することにより、「HENNGE One」を利用する企業は「Miro」へのシングルサインオンが可能となり、煩わしい複数ID、パスワードの管理から解放されます。さらに、IP制限や二要素認証などのアクセス制御機能によって、不正アクセスのリスクを防ぎながら「Miro」を安全に利用できます。
HENNGEでは今後も「HENNGE One」と連携するSaaSを増やし、企業の利便性と安全性の両立したSaaS導入を支援してまいります。

ミロ・ジャパン合同会社 代表執行役社長 五十嵐 光喜様のコメント

「HENNGE One」と弊社「Miro」との連携の実現を心から歓迎します。人々の価値観が多様化し、リモートワークやハイブリッドワークが浸透する中、メンバー全員の力を束ねるための解を多くの企業が求めています。私たちは、Miroが "ビジュアルコラボレーション "と呼ぶユニークで包括的な共創の形を通じて、その解決策を提供すると信じています。今回の技術提携により、お客様がより安全にMiroを活用する支援ができることを期待しております。

CTCエスピー株式会社 代表取締役社長 鳥越 浩嗣様のコメント

「HENNGE One」と「Miro」との連携を心より歓迎いたします。
テレワークからハイブリットワークへの働き方に注目が集まる中、弊社ではますます関心が高まるセキュリティ対策ソリューションや、働き場所が異なっていても円滑なコミュニケーションで生産性を高めるオンラインツールなどのご提案を行っております。「HENNGE One」と「Miro」が連携することにより、ユーザー認証のセキュリティ強化に寄与するものと確信しております。 今後も一層HENNGE 様との連携を強化し、「HENNGE One」と「Miro」の組合せを積極的に提案し、お客様の課題を解決してまいります。



Miroについて


Miroは、チーム・コラボレーションのためのオンライン・ホワイトボード・プラットフォームです。無限のキャンバスを使って魅力的なワークショップやミーティングを行い、製品設計やアイデアのブレインストーミングなどを行うことができます。Miroは、10万社以上の顧客組織とフォーチュン100企業の99%を含む、世界中で3,000万人のユーザーにサービスを提供しています。Miroは、アンドレイ・クシッド(Andrey Khusid)とオレグ・シャーディン(Oleg Shardin)によって2011年に設立され、現在、世界11の拠点で1,200人以上の従業員が働いています。
URL: (リンク »)



HENNGE Oneについて


Microsoft 365、Google Workspace、Box、LINE WORKSなど、複数のクラウドサービスへのセキュアなアクセスとシングルサインオンを実現するSaaS認証基盤(IDaaS)です。クラウドメールの誤送信や標的型攻撃対策、メール監査機能など、幅広いメールセキュリティにも対応しています。多くのクラウドサービスと連携し、金融や大手企業、行政機関など幅広い業種・業態に導入されています。
URL: (リンク »)



ミロ・ジャパン合同会社について


現在4か所あるグローバル販売地域の1つである日本の事業構築と成長へ向けて、2021年5月に設立されました。Miroは、日本においてもすでにTOPIX 100の50%以上の企業、50万人以上のお客様に利用されています。今後さらに多くのみなさまにその魅力と価値を伝え、「ビジュアル・コラボレーション」という新しいコラボレーションの形を通して、みなさまの働き方・働きがいの向上を支援してまいります。

会社名:ミロ・ジャパン合同会社
オフィス所在地:東京都千代田区 丸の内1-9-2 丸の内グラントウキョウサウスタワー9階ワークスタイリング
代表者:代表執行役社長 五十嵐 光喜



HENNGE株式会社について


1996年11月に設立。「テクノロジーの解放で世の中を変えていく」を理念に、テクノロジーと現実の間のギャップを埋める独自のサービスを開発・販売しているSaaS企業です。複数のクラウドサービスのID/パスワードを統合管理するクラウドセキュリティサービス「HENNGE One」をはじめ、クラウド型メール配信サービス「Customers Mail Cloud」、自治体と住民対象の双方向コミュニケーションサービス「SumaMachi」を提供しています。2019年10月、東証マザーズ市場に上場。2022年4月、東証グロース市場に移行。
社名の「HENNGE(へんげ)」は「変化(HENNKA)」と「チャレンジ(CHALLENGE)」を組み合わせ、あらゆる変化に挑むとの決意を表しています。

会社名:HENNGE株式会社
証券コード:4475
所在地:東京都渋谷区南平台町16番28号 Daiwa渋谷スクエア
代表者:代表取締役社長 小椋 一宏
URL: (リンク »)


<本リリースに関するお問い合わせ先>
HENNGE株式会社
Corporate Communication Division
TEL:03-6415-3660
E-mail:info@hennge.com 担当:矢野

*本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]