トライポッドワークスが住友ゴムと資本業務提携

IoTを活⽤したタイヤセンシング事業を加速

トライポッドワークス株式会社

2022-08-30 14:00

IoT ソリューションカンパニーのトライポッドワークス株式会社は、住友ゴム⼯業株式会社からの第三者割当増資による出資を受け、資本業務提携を⾏ったことを発表。 100年に⼀度と⾔われる⾃動⾞業界の⼤変⾰を⾒据え、住友ゴムの持つ独⾃のセンシング技術「センシングコア」とトライポッドワークスが持つIoT やクラウド分野の技術⼒を相互に活かし、タイヤをコアとしたソリューションビジネスを推進致します。
IoT ソリューションカンパニーのトライポッドワークス株式会社(本社︓仙台市、代表取締役社⻑︓佐々⽊ 賢⼀、以下トライポッドワークス)は、住友ゴム⼯業株式会社(本社︓神⼾市、代表取締役社⻑︓⼭本悟、以下住友ゴム)からの第三者割当増資による出資を受け、資本業務提携を⾏ったことを発表します。

100年に⼀度と⾔われる⾃動⾞業界の⼤変⾰を⾒据え、住友ゴムの持つ独⾃のセンシング技術「センシングコア」とトライポッドワークスが持つIoT やクラウド分野の技術⼒を相互に活かし、タイヤをコアとしたソリューションビジネスを推進致します。

トライポッドワークスは、⾞載IoTプラットフォーム「トリモビプラットフォーム」を中核に⾃動⾞分野向けにIoTソリューション事業を推進しており、住友ゴムとは2019年からクラウド型タイヤ空気圧監視システム(TPMS)を活⽤したタイヤ空気圧・温度管理サービスを共同開発、2021年12⽉より乗⽤⾞向けサービスを開始しています。

住友ゴムは、CASE/MaaSに対応する⾼い安全性能・環境性能を実現するために、タイヤ開発および周辺サービスの開発コンセプトである『SMART TYRE CONCEPT』を掲げています。今後、その周辺サービスの中核を担うセンシングコアビジネスの分野にトライポッドワークスの技術を活かし、タイヤメンテナンスの⾃動化やタイヤトラブルの予知による安全の確保などを可能とし、これからも安全で事故のない社会づくりに貢献していきます。

詳しくは、以下プレスリリースページでご確認ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

トライポッドワークス株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]