VMware ESXiホストに対応サーバー設定仕様書自動生成サービス「SSD-assistance」機能強化を実施

セイ・テクノロジーズ株式会社

From: PR TIMES

2023-03-13 10:46

 サーバーや PC の設定仕様書 (パラメーターシートや完成図書) を自動で生成できるサービス、「SSD-assistance」の機能強化を実施します。今回の機能強化では VMware ESXi ホストに対応し、各設定情報が簡単にドキュメント化できるようになります。

SSD-assistance 評価利用お申し込みページ
(リンク »)



 サーバーシステムの運用管理ソリューションを提供するセイ・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:三瓶 千里)は、サーバー設定仕様書自動生成サービス「SSD-assistance」の機能強化を実施いたします。

[画像1: (リンク ») ]


 2018年より提供しております SSD-assistance は、サーバーの設定仕様書を自動で生成できる画期的なサービスです。サービス開始以来、多くの SIer 様や運用保守事業者様にご愛顧いただいております。
 今回のバージョンアップは、昨年実施した利用者アンケートで多くのご要望をいただいた、VMware ESXi ホストに対応しました。これにより VMware ESXi ホストやホスト上の仮想マシンの設定情報を出力できます。
 導入前にお試しいただける無料の評価版もご用意しております。この機会に是非お試しください。


アップデート内容

以下の VMware ESXi ホスト設定情報を出力できます。
・ホスト ハードウェア
・ホスト システム
・ホスト ネットワーク
・ホスト データストア
・ホスト システムの詳細設定
・ホスト ソフトウェアパッケージ
・仮想マシン

【設定仕様書サンプル】


[画像2: (リンク ») ]

設定仕様書サンプル PDF はこちら
(リンク »)

情報採取方法は以下の2パターンございます。
・VMware ESXi ホストから取得
・VMware vCenter 経由で取得


SSD-assistance で改善できること

SSD-assistance は、SIer 様や運用保守事業者様の以下の課題を解決します。

【設定仕様書作成にかかる工数削減】
エンジニアが個別に手作業で実施しているサーバー設定仕様書の作成を自動化することで、工数削減や作業負荷を軽減し、『案件が遅延する』、『そもそも案件を断っている』といった機会損失を改善できます。
また、工数削減で得た資源を顧客の要望対応や運用保守サービスの拡充などに充てることができます。

【システムやサービス品質向上】
SSD-assistance で生成した設定仕様書を活用することで、手作業で発生していた記載ミスもなくなり、サーバー構築や運用保守サービスなどの品質向上だけでなく、顧客満足度の向上にも貢献します。

【運用保守全般のドキュメントの整備】
運用保守サービスを展開するにあたって、様々なドキュメントが必要となります。
その中でも調査、提案、構築、テスト、納品、運用保守といった一連の業務で必要となるサーバー設定仕様書の整備に貢献し、属人化しやすく優先度が下がりやすいドキュメント整備の体制を改善できます。


サーバー設定仕様書を自動生成するサービス「SSD-assistance」について


 わずか 3 ステップ、最短 10 分で完了するサーバー設定仕様書の自動生成サービスです。クラウドサービスとして提供するため、必要な時にいつでも利用することができます。また、セキュリティポリシーなどの都合上、サーバー情報を外部に出すことができないケースに対応するため、デスクトップ版もご提供しております。
[画像3: (リンク ») ]



 SSD-assistance を利用することにより、設定仕様書の作成や更新に伴う課題を解決することができます。


『マンガ動画でわかる SSD-assistance』はこちら
(リンク »)

サービス紹介資料や設定仕様書のサンプル、導入事例などはこちら
(リンク »)
[画像4: (リンク ») ]

 また、SSD-assistance は、一般社団法人日本クラウド産業協会 (ASPIC) が実施する第 16 回「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2022」の支援業務系 ASP・SaaS 部門において、準グランプリを受賞しております。


無料の評価版のご案内

 「導入前の検証をしたい」 「設定仕様書を作るメリットを体験してみたい」といった方向けに、無料でお試しいただける評価版をご用意しております。

評価版のお申込みはこちら
(リンク »)


会社概要

●社名:セイ・テクノロジーズ株式会社
●本社所在地:〒112-0005 東京都文京区水道1-12-15 白鳥橋三笠ビル8F
●電話:03-5803-2461
●代表取締役社長:三瓶 千里
●事業内容:サーバーシステムの運用管理ソリューションの提供
・自立分散型サーバー監視ソフト『BOM for Windows』の開発・販売
・高機能ジョブスケジューラー『Job Director』の開発・販売
・サーバー設定仕様書自動生成サービス『SSD-assistance』の開発・販売
・その他、運用管理に関するコンサルティング・技術支援・開発

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

セイ・テクノロジーズ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]