SCSK株式会社、住友商事グループ会社のネットワークアクセスを支える共用基盤として「A10 Thunder CFW」を採用

~ 最大6万セッションのトラフィックを処理し、ライセンスコストの削減にも貢献 ~

A10ネットワークス株式会社

2023-04-14 12:00

A10ネットワークスは、SCSKが、35社の住友商事グループ会社のネットワークアクセスを支える共用基盤として、統合型ADC+ファイアウォール製品「A10 Thunder CFW」を導入したことを発表します。
A10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)は、SCSK株式会社(所在地:東京都港区)が、35社の住友商事グループ会社のネットワークアクセスを支える共用基盤として、統合型ADC+ファイアウォール製品「A10 Thunder CFW」を導入したことを発表します。

■導入背景
住友商事グループのシステムインテグレーターであるSCSK株式会社は、金融をはじめとするあらゆる業種をターゲットに、コンサルティングやシステム開発など、ビジネスに求められる全てのITサービスを提供しています。同社では、35社のグループ会社が利用する共通ネットワーク基盤“スカイネット”を2000年前後に整備し、継続的に刷新を行ってきましたが、今回クラウドを中心としたSecure Access Service Edge(SASE)基盤への移行を進めることになりました。

従来運用してきたWebフィルタリングの機能が利用できること、そして将来的なSSL処理の増加に備えてSSLの暗号・復号処理が可能であることを決め手として「A10 Thunder® CFW」の採用を決定しました。

■導入効果
A10 Thunder CFWは、トラフィックやWebアクセスの制御機能に加え、SSL復号による脅威の可視化を実現するSSLインサイト機能、ファイアウォール機能など、プロキシとして必要な機能を1つのBOXに搭載したソリューションです。

現在は、アクティブ・スタンバイ構成で同社が管理するデータセンター内にA10 Thunder CFWが設置され、基盤を利用する事業会社の通信を全てプロキシ経由で行う構成となっています。約5000のIP数と最大6万セッションほどのトラフィックが処理できるよう設計されています。

住友商事グループ35社のネットワークアクセスを支える共用設備として安定稼働を継続しており、ライセンスコストの削減にも大きく寄与しています。

同社は、今後もSASEを含めたネットワークの全体設計を見直していく中で、SSL可視化機能によるセキュリティの強化など、豊富な機能を備えるA10 Thunder CFWの活用拡大を検討しています。

■導入イメージ図
< (リンク ») >

■本事例の詳細資料
< (リンク ») >

●A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について
A10 Networks(NYSE: ATEN)は、サービス事業者やクラウド事業者および企業で利用される5Gネットワークやマルチクラウドアプリケーションのセキュリティを確保します。高度な分析や機械学習、インテリジェントな自動化機能により、ミッションクリティカルなアプリケーションを保護し、信頼性と可用性を担保します。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界117か国のお客様にサービスを提供しています。

A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。
詳しくはホームページをご覧ください。
• URL: (リンク »)
• Facebook: (リンク »)

A10 ロゴ、A10 Networks、A10 Thunderは米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]