北秋田市の世界文化遺産「伊勢堂岱遺跡」のXR化を起点に地域活性化を促進

大日本印刷株式会社

From: PR TIMES

2023-04-17 12:16

最新のデジタル技術を活用した新たな鑑賞システムを公開し、通年で国内外に魅力を発信

北秋田市と大日本印刷株式会社(以下DNP)、株式会社DNPプランニングネットワークは、世界文化遺産「伊勢堂岱(いせどうたい)遺跡」をリアルとバーチャルを融合したXR(Extended Reality)で体験できる鑑賞システムを2023年4月18日(火)に公開します。同遺跡に隣接する「伊勢堂岱縄文館」および同遺跡の公式ホームページ*1でご利用いただけます。伊勢堂岱遺跡のXR化を起点に、年間を通して伊勢堂岱遺跡辺の魅力を国内外に発信し、国内外から北秋田市への来訪を促し地域活性化を目指します。
*1 伊勢堂岱遺跡公式ホームページURL  (リンク »)




[動画: (リンク ») ]



【背景】
北秋田市にある史跡「伊勢堂岱遺跡」は、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の17カ所ある遺跡の一つとして、2021年に世界文化遺産に登録されました。4つの環状列石(ストーンサークル)が完全な形で残っているほか、多数の土偶や祭祀の道具などが出土しています。また北秋田市には、この遺跡だけでなく、“花の百名山”として知られる「森吉山(もりよしざん)」、世界一大きな太鼓としてギネスに認定された「綴子(つづれこ)大太鼓」、ローカル鉄道の「秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線」など、自然・観光・文化・交通のあらゆる地域資源が融合した世界に誇る魅力があります。
しかし、北秋田市は国内有数の豪雪地帯であり、環状列石を積雪から守るために冬季は遺跡を公開していません。昨今はまた、現地でのリアルな体験にバーチャルな体験を融合した“ハイブリッドな体験価値”の提供が求められていました。こうした課題に対して、北秋田市とDNPグループは、オンラインでいつでも・どこからでも「伊勢堂岱遺跡」の魅力に触れられる“新しい文化体験”を提供します。この取り組みは、北秋田市が2022年度から推進している「伊勢堂岱遺跡のXR化事業」の一環として、国の「デジタル田園都市国家構想推進交付金(Type1)」*2の交付対象事業に採択されており、文化遺産を適切な状態で維持しながら、鑑賞や学術的な活用のための公開を両立させるものです。
*2 デジタル田園都市国家構想推進交付金(Type1) (リンク »)

【今後の展開】
当取り組みを起点とし、北秋田市とDNPグループは、北秋田市の世界文化遺産を地域資源の魅力として磨き上げて、地域住民の「学び」「体験」「シビックプライドの醸成」につなげていきます。また、文化・観光資源として国内外へ情報発信することで、他の地域への「認知拡大」「関係人口の増加」「来訪者(交流人口)増加」に取り組み、地域のさらなる活性化を目指していきます。また、北秋田市だけでなく、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の他の遺跡との連携も進めていきます。

【XRを活用した“新しい文化体験”の特長】
○「3D鑑賞システム【みどころビューア(R)】」: 希少な土偶たちを手に取るように3D(3次元)で鑑賞
出土品の質感や細かい文様を高精細デジタルアーカイブ技術で再現しました。「3D鑑賞システム【みどころビューア(R)】を利用者自身が操作して、さまざまな角度で出土品の細部まで鑑賞することができます。本システムは「伊勢堂岱縄文館」のみで利用できます。
[画像1: (リンク ») ]

○「2D鑑賞システム【みどころキューブ(R)】」: 個性的な出土品同士の関係性や特徴を学ぶ
画面上のキューブ型のインタフェースを操作して、多くの出土品が発見された場所・深さを見ることができます。出土品同士の位置的なつながりや積み重ねられた歴史が視覚的に感じられます。画面上で出土品を選択することで、詳しい解説を閲覧できます。本システムはオンラインでもご利用いただけます。
[画像2: (リンク ») ]

○「360°VR鑑賞システム【バーチャル散策】」: 4つの環状列石を360度のVR空間で巡る
スマートフォンやPCで操作して、遺跡巡りを体験できます。実際の遺跡には景観に配慮して説明看板がありませんが、当システムの画面上には各種情報が表示され、遺跡の特徴をより深く理解できます。ドローンで撮影した映像で、遺跡の規模や4つの環状列石が並ぶ珍しい様子も一望できます。本システムはオンラインでもご利用いただけます。
[画像3: (リンク ») ]

【関連する施策について】
○子どもも大人も楽しめる土偶のペーパークラフト
縄文の人々が暮らしの中でつくり出した土偶の独創的な造形をペーパークラフトにしました。あらゆる年代の人々が気軽に楽しみながら、文化財である土偶の魅力に触れることができます。伊勢堂岱縄文館のミュージアムショップで販売するほか、同館での体験型プログラムとして活用します。また、学校の郷土授業や生涯学習などでの利用も提案していきます。
[画像4: (リンク ») ]

○首都圏の主要駅のデジタルサイネージで動画広告を実施
2023年2月に、東京駅をはじめとしたJR東日本の18駅・24エリアにある268面のデジタルサイネージで伊勢堂岱遺跡のXRコンテンツの動画を配信するなど、首都圏の多くの人に北秋田市魅力を伝えるプロモーションを実施しました。

○インフルエンサーを起用したプロモーション
“土偶女子”として著名な譽田亜紀子(こんだ あきこ)さんが、縄文時代の魅力を語るコラム「土偶女子が行く-めくるめく縄文ワールド-」*3を6回にわたり発信しました。縄文時代の土偶や土器、生活様式などについて、専門的な知識がなくても、誰もが気軽に楽しむことができます。
*3 譽田亜紀子さんのコラムURL  (リンク »)

※「みどころビューア」「みどころキューブ」は、DNP大日本印刷の登録商標です。

〇コラムもご覧ください
(リンク »)

○DNPコンテンツインタラクティブシステム みどころビューア(R)
(リンク »)

○DNPコンテンツインタラクティブシステム みどころキューブ(R) パッケージ型
(リンク »)

※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]