DNPと桑名市が「メタバース役所」を実証へ--行政サービス向上と窓口業務DX図る

NO BUDGET

2024-01-31 14:16

 大日本印刷(DNP)は、三重県桑名市とデジタル社会の実現に向けた連携協定を締結した。両者はこの協定に基づき、「電子申請手続きの総合窓口」「各種相談業務」「市民交流の場」をメタバースで提供する「メタバース役所」の実証事業を行う。期間は2月26日~3月29日。

 DNPは同実証事業を通じて桑名市のDXを支援するとともに、さまざまな地域でも展開し、2025年度に40自治体への導入を目指す。

桑名市の伊藤徳宇市長(左)、DNP 常務執行役員の金沢貴人
桑名市の伊藤徳宇市長(左)、DNP 常務執行役員の金沢貴人

 桑名市の総合窓口を模したメタバース役所では、市民が直接市役所などに行くことなく、自宅や遠隔地から電子申請手続きの問い合わせや各種相談、市民交流会などが可能。この仕組みを活用して、行政が発信する情報やオンライン申請手続きの活用を促進し、移動手段や時間の制約を取り除くことで相談や交流会への参加を促進させる。

 電子申請手続きの総合窓口では、画面上で実際の申請画面を見ながら音声で記入方法や操作方法を案内することで、市民が迷うことなく電子申請を完結できるように支援する。

 各種相談業務では、相談したい市民と相談員の2人だけで「母子・父子のひとり親」「年金」「税務」などについて会話できる空間を提供する。メタバース内で自身の分身となるアバターを利用することで匿名性が確保されるため、市民がより相談しやすくなる。

 市民交流の場では、物理的な場所の確保や設営準備などの負荷がない状態で、市民がどこにいても、また市役所の開庁時間以外にも参加可能となり、より多くの市民の参加が期待できるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]