大成建設ら、業務スタイルを変革する「建設承認メタバース」の開発に着手

NO BUDGET

2023-09-12 07:00

 大成建設は、日立コンサルティング、GlobalLogic Japan、日立社会情報サービスと共同で、「生産プロセスのDX」の一環として、「建設承認メタバース-CONSTRUCTION CONTRACT(C2QUEST)-」の開発を開始した。

 今回の開発では、建築物の意匠・構造・設備などのデジタルデータが統合されたBIM(ビルディングインフォメーションモデリング)を基に、クラウド上に建築物のメタバースを構築する。このメタバース上に発注者らへの説明から仕様の決定といった承認までの情報、発注者・設計者・施工者などプロジェクトをめぐる関係者間での合意形成に必要なデータや建設承認に至る議事録など、あらゆる情報を一元管理できるようにする。

 BIMはコンピューター上に作成した主に3次元の形状情報に加え、室等の名称・面積、材料・部材の仕様・性能、仕上げなど、建物の属性情報を併せ持つ建物情報モデルを構築するシステム。

 このシステムは、仮想現実(VR)との融合や承認プロセスのデジタル化、議事録の自動作成などにより、プロジェクトの立ち上げから建設承認までの流れを詳細に把握できる。そのため、確定情報の明確化によってバーチャル上で早期に建築物を竣工させられる。また、BIMに不慣れでも同システムの活用により仮想空間上で容易に詳細を確認でき、相互にイメージを共有してコミュニケーションの円滑化が図れる。

 建築プロジェクトにおいては、手戻りや工程の再調整を減らし、業務の効率化を図る上で、関係者間での合意形成の円滑化が重要項目となっている。発注者らへの説明や仕上げの仕様決定といった「建設承認」を得る過程で、関係者相互の認識の相違をなくし、速やかな合意形成につなげるために情報の一元管理が求められている。

 そこで大成建設は3社と共同で、計画されている建築物に関するデジタル情報の一元管理により発注者らへの説明から承認までをシステム上で完結させ、建物の完成形に関する詳細イメージを関係者間で共有できる同システムの開発に着手した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]