ヤフー、ネットワーク環境のモダナイゼーションのため「A10 Thunder CFW」を採用

~ロードバランサとファイアウォール機能を同一筐体で提供し、シンプルな運用を実現~

A10ネットワークス株式会社

2023-09-26 11:30

A10ネットワークスは、ヤフーが、ネットワーク環境のモダイナゼーションのため「A10 Thunder CFW」を導入したことを発表します。
A10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)は、ヤフー株式会社(所在地:東京都千代田区、以下ヤフー)が、ネットワーク環境のモダイナゼーションのため「A10 Thunder CFW」を導入したことを発表します。

■導入背景
ヤフーは、日本最大級のポータルサイトであるYahoo! JAPANを筆頭とするメディア事業をはじめ、コマース事業や金融事業など、約100のサービスを展開*1しています。

同社は、サービスを利用するユーザーに対して快適な利用環境を提供するため、大規模なICT基盤を整備しています。従来レガシーアーキテクチャを用いたネットワークを運用していましたが、将来を見据えた既存のシステム構成のモダナイゼーションのため、今回高い可用性・拡張性を持つIP CLOSネットワークへ刷新することになり、アクセス制御の仕組みも検討することになりました。

同社はIP CLOSネットワークへ適用可能であることを前提にアクセス制御を実現するソリューションの選定を開始し、当初はファイアウォール製品単体での検討もしましたが、ロードバランサとファイアウォールが個別機器に分散することで、冗長化構成であっても復旧処理が煩雑になる上、障害発生点になり得る機器が増える懸念がありました。

同社は、BGP(Border Gateway Protocol)へ対応でき、30万rps及び30Gbpsのスループットに耐えられる環境の他、1つの筐体でシンプルに導入でき、機器数を余分に増やすことなく必要な機能が実装できる点、障害発生時にもスタンバイへスムーズに切り替わる点を決め手にA10 Thunder CFWの採用を決定しました。

■見込まれる導入効果
A10 Thunder CFWは、アプリケーション配信に加え、ファイアウォールやDDoS攻撃対策など、多様な攻撃からサービスインフラを保護するセキュリティ機能を1つの筐体で提供し、設備コストの削減を実現します。

同社は、将来的にはIP CLOSネットワーク内で50台規模のA10 Thunder CFWの稼働を見据えており、開発環境と本番環境のアクセス制御を行いながら、いずれは社外からインターネット経由で行われるアクセス制御の領域にも展開していく予定です。

A10 Thunder CFWに実装が進むDNS関連の機能についても検証を進めており、VIPの情報を別の筐体に移行する機能など、既存のネットワークにおける効率的な運用に繋がる機能群を検討しています。また、仮想環境で動作するA10 vThunderやコンテナ環境で利用できるA10 Thunder Containerなど、柔軟に検証環境が整えられるようなソリューションの導入も視野に入れています。

■導入イメージ図
(リンク »)
A10 Thunder CFWを導入したヤフーのネットワーク構成図

■本事例の詳細資料
(リンク »)

*1: Yahoo! JAPAN 媒体資料( (リンク ») )


■A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について
A10 Networks は、オンプレミス、ハイブリッドクラウド、エッジクラウド環境における、セキュリティ、インフラストラクチャの課題を解決するソリューションを提供しています。大手グローバル企業や通信、クラウド、Webサービス事業者まで7000社以上のお客様に導入いただいており、ビジネスに不可欠なアプリケーションやネットワークの安全性、可用性、効率性を高めています。A10ネットワークスは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本社を置き、世界中のお客様にサービスを提供しています。

A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。

詳しくはホームページをご覧ください。
URL: (リンク »)
X(旧Twitter): (リンク »)
Facebook: (リンク »)

※A10 ロゴ、A10 Networks、A10 Thunderは米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。
※その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]